ブックマーク:

注文住宅の坪単価

坪単価
名前:トオルさん(2001/8/2)
2,3年のうちに家を建てたいと思い、いろいろ勉強しているうちに、こちらのサイトにたどり着きました。大変興味を持ちました。

ところが、”コストナビ”でコスト試算を試みたところ、東京都・30坪・あとはすべてデフォルト値の場合で、工事費が2383万円と出ました。坪単価にしてほぼ80万円です。(設計監理費や諸費用は別)

”坪単価”というのがあいまいな基準であることは存じていますが、それにしても、20万円台もあるようなこのご時世に、80万円という数字を見せられると、ビックリしてしまいます。大量生産ではない注文建築の場合、これくらいかかってしまうのはしょうがないのでしょうか。(だとしたら私には高嶺の花かも・・・)

「坪単価」について
名前:ザ・ハウス(2001/8/2)
トオルさん、こんにちは。

この掲示板でも、たびたび「坪単価」が話題に上がります。

分かりやすいので、ハウスメーカーのいうところの坪単価を考えてみます。

ハウスメーカーの場合の坪単価は本体価格のみの坪単価で、これだけでは人が住める家は建ちません。
その他に申請手数料や基本工事費といったものが必要であり、またほとんどの場合オプション工事費や別途工事費がかかります。

それらを全てひっくるめて計算すると、結局は大幅に「坪単価」は上がってしまいます。
また、公開されている統計では、ハウスメーカーの純粋に建物にかかる金額は、総額の58%程度ですから、大量生産のメリットもほとんどが相殺されています。

先日、某ハウスメーカーが期間限定で売っている、超低坪単価の商品を弊社で試算したところ、結局は普通の価格より少し安い程度(その代わりキッチンやバスの選択肢が大変狭い)になってしまいました。

結局、「坪20万円」とか「30万円」というのは、ハウスメーカー同士が競争する上での、便宜的な表示テクニックとお考えいただければいいかと思います。

一方、弊社のコストナビを含めて、建築家で建てる場合の坪単価とは、全てを含めた価格の坪単価であり、それ以上はかかりませんという表示の仕方をします。
安く見せると後でトラブルになるだけなので、実際よりやすく見せることにメリットを感じないからです。

確かに、北側斜線や道路斜線、隣地の境界のことを気にしなくていいような広くて平坦な土地に、ハウスメーカーの標準仕様を建てる場合は、ある程度の価格競争力はありますが、狭小で不整形な土地に建てる場合は、建築家で建てる場合とほとんど変わらず、逆に下限付近のローコスト住宅は、建築家の独壇場となっています。

何かとまどわされやすい「坪単価」ですが、ハウスメーカーと建築家では、そもそも「坪単価」含まれる内容が違っており、単純な比較ができないということをご承知下さい。

坪単価
名前:トオルさん(2001/8/2)
素早いお返事ありがとうございます。

>>それらを全てひっくるめて計算すると、結局は大幅に「坪単価」は上がってしまいます。

そうですね。でも元が安いですから、なかなか坪80万円にはならないようです。
もちろん、建築家に建てていただいたほうが良いものができると思います。そこにいくら出せるか、ですよね。

条件が難しい土地の場合、建築家でもコスト競争力がある、というお話しは興味深いです。普通に建てるのが難しいような土地を安く手にいれて、そこに建築家に建ててもらう、という作戦もありますね。綺麗な土地に安い住宅を建てるよりも、あるいは満足度が高いかもしれません。

まじめな家づくりセミナー