自己資金(4)

土地だけ先に購入の場合
名前:みのきちさん(2003/5/30)
現在、いくつかの建築条件なしの土地を検討中です。
先に土地を購入し、その後にビルダーを決めて
1?2年以内には家を建築する予定です。
土地に関してはローンを組まずに、自己資金(親からの借り入れも含む)で、決済しようと思いますが、
この場合、税金面で、あるいは、建物のローンを組む場合に何か問題や不利なことがあるのか、気になっています。
アドバイスをお願いします。
建設費用の融資割合について
名前:ライフスタイルプランナーさん(2003/5/31)
建築関係以外のインテリア・外構・エアコン・カーテンなどなど、押さえようとしても、なかなか、押さえられない費用があります。
建築費の10%?20%程の費用は覚悟して置いたほうがよいかと存じます。
基本的に建築費の100%ローンは、厳しいローン審査なります。
自己資金を土地建物の購入計画を 当初からローンの計画で、事前内定を受けていないと、万が一ローンの審査が、難しかった場合、建設計画が、立たず、土地をいったん手放すか、無理やり、建築をローンで組める範囲の家を建てて住むしか無くなります。
お気をつけ下さい。

*3月から公庫が、直接申し込み受け付けできる事になり、早速、抱えている難しい(個人情報的に条件の厳しい方)のローンを代行いたしました。
しかしながら、関係者の資金繰りもあって、資金交付までのスケジュールが、大変でしたが、大変勉強になりました。

もう1つ教えてください。
名前:みのきちさん(2003/6/3)
アドバイスをありがとうございます。
やはり、計画上、どうしても土地と建物をセットで
ローンを組む事ができそうにないので
土地を先に購入しようと思います。
その際にはやはり、建物の建築費を100%ローンで、と言うのは難しそうなので、頭金をいくらか用意しておく必要があるわけですね。気をつけます。

1つ、質問があるのですが、親からの借り入れをする場合、何か公的な書類を作成するべきなのでしょうか。
どのように作り、どこに提出する必要があるのか詳しい方、教えてください。
また、親に返さなくても良い場合、生前贈与として、申告するのでしょうか。
今ひとつわかりません。(高額でなければ黙っていればわからない気がするのですが・・)税務署はどうやって調べるのでしょうね。

契約書を作成しましょう
名前:はたらきバチさん(2003/6/5)
横レス失礼します。
私も今まさに親からの借入の契約書をつくっているところですので、知っている範囲内でお答えします。
書類については「金銭消費貸借契約書」をつくったうえで、この書類を公証人役場にもっていき、確定日付をもらうことで正式な書類になります。
また実際の返済も、通帳に記録を残すために銀行振込にするといいと言われてますよね。
税務署は、人から聞いた話ですが入居してから電話がかかってくるそうです。「建設資金はどうやって調達しましたか?」って。このとき上記のような証拠を残しておかないと、贈与税がかかる可能性があるそうです。
生前贈与のことは??すみません、分かりません。
最寄りの税務署に相談されてみては?
税務署の調査
名前:ライフスタイルプランナーTAGAさん(2003/6/6)
税務署の調査といっても、親が、商売をしていて、その税務上の流れで、わかる場合・後は、土地家屋を購入後、法務局から県税事務所や、各所轄の税務署間で情報が、行き渡ります。
当然、アンケートのような住まいの購入の御伺いが、着ますので、その答えに食い違いがあるかどうか、改めて、確認の連絡があります。
くれぐれもご注意下さい。

また、今は住宅を購入であれば、3500万円までは、贈与税の軽減が、大きく受けられます。

詳しくは、国税局まで。

まじめな家づくりセミナー