年収負担率(2)

負担率について
名前:moonさん(2007/4/9)
大半は、住宅ローンで借金をかえしていきます。
家族を持っているものとして、ライフシュミレーションなどをして注意をしているのですが、本当に問題ないかよくわからなくなってきます。
私の例ですが
 ・年収500万(税込み)
 ・25年の1500万借り入れ
 ・現在の年齢:36歳
 ・妻、子供2歳
 ・貯蓄500万
で、今後の教育費・老後を乗り越えられるのでしょうか?正直、心配です。
ここで重要になるのが、給与の上昇率だと思います。
ですが、未来なことなどわかるはずもありません。
予想で1%といれて計算もできますが、なんの根拠もありません。
将来を確約できるお金の面だけの人生設計ができれば
いいのですが・・・ 
ご参考までに
名前:ザ・ハウス(2007/4/11)
moonさん、こんにちは。
人生、あるいはそれに大きな影響を与える住宅のこと、たいへん難しい問題ですね。

正直なことを申し上げますと、私も住宅産業に関わっていながら、何が正しいのか分からなくなることがあります。しかしながら、moonさんのように悩まれている方のお話を伺う機会が多くあり、いっしょに考えることができますので、多少ではございますがお役に立てるのではないか、と思い、返信させていただきます。

さて、moonさんの負担率についてですが、数字だけで判断しますと問題はないように思います。
しかしながら、教育や老後についての考え、今後の収入など不確実なことがたくさんありますので、絶対に大丈夫ですという太鼓判を押せないことをご了承ください。

是非、この機会に家族の皆様と、人生について、住宅について、話し合ってみてはいかがでしょうか。そこで得られた答えがおそらく最も良い答えになると思います。

まじめな家づくりセミナー