三世帯住宅の坪単価

3所帯住宅の建設について
名前:けいくんパパさん(2006/2/20)
初めまして。現在、両親が住んでいる土地を売って、両親、私家族、弟家族の3所帯住宅を建てるべく勉強を始めています。
プロの皆様から見られて初期の段階で留意するべき事、また3所帯住宅の場合の基本的な建設にかかる坪単価(目安)をご教示頂ければと思い投稿しました。
勉強はじめの素人ですので、よろしくお願い致します♪
まずは暮らし方を
名前:ザ・ハウス(2006/2/21)
けいくんパパさん、こんにちは。

多世帯住宅の場合、まず一番大切なことは、それぞれのご家族間の距離感です。
距離感とは、例えば基本的にいつも全家族が一緒にいるような家を建てるのか、逆に普段はほとんどお互いに干渉し合わない生活を送り、要所要所で助け合うのか、などです。
これから長い間そこに住むわけですから、それぞれが充実した楽しい生活を持続するためには、お互いに無理のない距離感をとることが大切です。

特に、家にいる時間が比較的長い女性には忌憚のないご意見をいただき、キッチンやバスルームなどをどのように使用していくのかを検討しなければなりません。
それがうまく行かないと、少なからずストレスを感じる方が多いようです。
また、将来ご両親の介護が必要になる可能性があれば、そのことも距離感の中に織り込む必要があります。

距離感が決まると、同居型、部分共有型、完全分離型などの家の形態が見えてきますので、工事費もある程度計算することが出来ます。

工事費の中で大きな割合を占めるのが、特に水回りの設備ですが、全家族で1セットの水回りを共有する場合は、実際には単世帯住宅のコストで建てることができます。逆に、水回りが3セット費用ということになると、その分の出費を覚悟しなければなりません。

「便利なツール」の中にある、「建築コストの概算」を試してみてください。
http://jutaku-chishiki.com/tool/cnavi.html

必要な水回りの数に応じて、設備のグレードを調整いただければ、どのような距離感を持ったときに、どのようにコストが変わるかがお分かりいただけると思います。

また、家の形態によって、登記やローンの扱いも変わってきます。
詳しくは、「二世帯住宅」↓をご参考ください。
http://jutaku-chishiki.com/kldge/10_02.html

まじめな家づくりセミナー