擁壁の亀裂

擁壁の亀裂
名前:SKさん(2015年5月28日)
山を切り崩した、いわゆるニュータウンと

いわれる地域の一戸建てに住んでいます。

家は 2メートル程の擁壁の上に立っていて、下は木が茂っています。

東日本大震災時に細いクラックを発見しましたが、最近亀裂が上から下まで縦に入っていました。上の方は1㎝程の幅です。

駐車場のコンクリートや家の壁にもクラックがありました。

家と擁壁は1メートル強程しか離れていませ



このままでは土砂崩れ等が心配でなりません。

色々調べたのですが、

・修理するとなるとどのような修理が可能なのか、費用はどのくらいか。

・下が木が茂っており作業は可能か。

・土木業、建築士等どこに依頼すればよいか

等教えていただければ助かります。
擁壁の補修について
名前:ザ・ハウス(2015年5月30日)
S Kさん、こんにちは。

擁壁の修理方法には、既存の擁壁を鉄筋コンクリートや鉄骨等の部材で補強する方法があります。

また、擁壁の下の木が茂っているとのことですが、工事に支障が出るような場合は伐採を行う必要があります。木が生えているのがご自身の敷地内ではない場合は、その土地の所有者に伐採や敷地内への立ち入りをご了解いただく必要があります。

敷地の広さや建物の配置によっても異なりますが、擁壁が道路に面していない場合には、建設重機が使えないことがありますので、工事費も割高になってしまいます。

費用については一概に申し上げることはできませんが、住宅用地の擁壁工事や造成工事を専門にしている会社がありますので、現地を見てもらった上で見積りをご依頼されるとよろしいのではないかと思います。

なお、擁壁だけを新たに作り直すと高額な工事費がかかってしまうため、一般的には家屋の建て替え時に一緒に工事をする方がコストパフォーマンスが良いと言われています。もし、家屋の建て替えにあわせて擁壁を作り直すのであれば、家屋の建て替えをご依頼される工務店や設計事務所にご相談されるとよろしいのではないかと思います。

まじめな家づくりセミナー