遠地の建築家への依頼(3)

遠方の建築事務所との進め方
名前:タンタンさん(2003/9/16)
遠方(東京⇔北海道)ですが、信頼関係のある建築家なので設計を依頼しようか迷っています。
工事監理を考えると不安もあり、基本設計だけお願いし、実施設計から、在京の事務所(または工務店)にシフトした方が良いのでしょうか?
その場合途中からシフト可能な事務所、または工事監理だけしてくださる事務所はあるのでしょうか?
計画地から遠方にある設計事務所との家造りで留意する点や、進め方なども教えてください。
ご助言よろしくお願いします。
大変そうです
名前:じゃんさん(2003/9/19)
タンタンさん、はじめまして。

まず建築家に基本設計だけ依頼する、というのは有りえないと思います。
実際に家作りが始まるとわかるのですが、基本設計って、本に例えると目次程度のものです。
実施設計で60%、施工しながら100%設計が完了する、というイメージです。
また、基本設計→実施設計→施工管理と順を追うほど、建築家に対して必要な信頼度は高くなります。
タンタンさんとその建築家さんとの信頼関係がどのような種類の物かはわかりませんが、なんらかの信頼関係があるのであれば、なおさら最後まで面倒見ていただくべきでしょう。

ただ、遠方であることのデメリットは大きいですね。
一つは、交通費や滞在費。地元の建築家であれば無視できる項目ですが、遠方ではその費用はかなりのものになりそうです。通常依頼側の負担になるはずです。
ちなみに、以前私がお話を聞いた横浜の建築家の場合、静岡の家を建てた際には週に一度は現場に通ったそうです。
また、地元じゃないとわかりにくい、その土地の気候や特徴に疎い、という心配もありますね。
文面から察すると、計画地が東京で、建築家氏が北海道、ということでしょうか。かなり地域差は大きそうです。

すみません。ネガティブなことばかり書いてしまいました。個人的には、正直言って、あまりお勧めできない、かな...

じゃんさんに補足
名前:ザ・ハウス(2003/9/20)
タンタンさん、こんにちは。

基本設計以降を違う方に依頼することは、やはりお勧めできません。

じゃんさんに補足するとすれば、

(1)設計は基本設計、実施設計のみならず、監理の段階でも現場で細かい部分の設計を行いますので、同じ建築家が監理まで一貫して行わないと、基本設計時のイメージとずいぶん違うものができてしまう。

(2)施工会社が監理を行うと、工事に対するチェック機能が働かず、建築家で建てる一番のメリットがなくなってしまう。

(3)監理だけを専門に行う会社(設計事務所ではなく)はあるかと思いますが、実施設計から引き継ぐ設計事務所は責任上ないと思われます。もしあってもそのリスクを負ってまで引き受けようとする設計事務所は疑問が残ります

(4)上記のことを理解している建築家であれば、実施設計以降を他の建築家に任せることはしません。

というようなことが理由です。

その建築家の方に依頼したいということであれば、やはり、監理まで依頼する以外はないかと思います。

遠方の建築家に依頼するというケースは少なくありませんが、どうしてもじゃんさんのおっしゃるデメリットは生じますので、そのデメリットがあってもその方にご依頼されるメリットをお感じになるかがポイントです。

ありがとうございます
名前:タンタンさん(2003/9/22)
やはり工事監理まできっちり見てくださる方が良いですよね。2005年度中に完成予定で建替えを考えていますので、
まだ時間もありますし、知合いの建築家に拘らず、
じゃんさん、ザ・ハウスさんのご助言を参考に、
東京の事務所の方にも会ってみて、判断していこうと思います。大変参考になりました。ありがとうございます。
まじめな家づくりセミナー