工務店か、建築家か(2)

自分のアイデアを活かすには・・・
名前:わがまマン!さん(2006/2/04)
このサイトに辿り着け、とてもラッキーでした!本当に勉強になります、有難うございます!

さて、本題に入りますが、私はとても気に入った某メーカーのモデルプランから自分なりの修正を加えて、粗いながらも家のプラン(採用工法、全体サイズ、間取り、内外装のおおよその仕様、水周り等々)を考えております。

あとは技術的・予算的に実現可能なものとして設計者のアドバイスをもらって詰めていけば良いかなと思うのですが、さて、こういう流れで家を建てるには、やはりすでに建築家に依頼する意味はない(というか嫌がられるかな?)でしょうか。

因みにプランの元になったメーカーは明らかに価格が適正でないため、一切考えていません。
それで、同工法施工登録店(地場中堅工務店によるフリープラン)か、類似の工法に変更してCM方式実施の建築家に依頼するか、で検討中なのですが、どちらが自分のアイデアを活かせるか? どなたかご助言を宜しくお願い致します!

ご参考まで
名前:ザ・ハウス(2006/2/5)
「わがまマン!」さん、こんにちは。

間取り、工法がほぼお決まりとのことですので、自分の業務の大半は間取りを提案することと考えている建築家にご依頼をしても、「わがまマン!」さんの期待する役割は担ってはくれないかもしれません。

間取りを提案することも重要な役割と考える建築家(いわゆるアトリエ系建築家)よりも、CMや分離発注など、技術面や施工のマネジメントに業務の比重を置いている設計者の方がお話しを進めやすいと思われます。

しかし、必ずしもすべての設計者がこの役割を果たせるわけではありません。
建築家の役割の一部を、さらに深く掘り下げた分野ですので、こうした仕事が可能な設計者はごく限られる上に、かなりの経験と実績が求められます。

こうした設計者に依頼する場合には、「わがまマン!」さんと設計者が先に建物の仕様を決め、その後に施工会社を決めることになりますので、仕様の決定に施工会社の都合が入る余地はありません。

設計者が「わがまマン!」さんのアイディアを技術的、予算的、法規的に適ったものとして設計図書に表現し、規定した条件のもとに、施工会社を選定していきます。

これは「わがまマン!」さんの希望とアイディアを活かす意味では、大変効果的な方法ですが、最終的な建築費を算出するのは施工会社となりますので、設計者には敏感なコスト感覚が求められます。

また「わがまマン!」さんもお考えのように、施工会社と相談しながら進めていくという方法もありますが、「アイディアを活かす」という意味では、設計者に依頼する場合と違い、施工と設計が同じ組織で行われるため、よほど信頼関係を築くことができる施工会社との出会いがない限り、制約を受ける部分が多いかもしれません。

なるほど!
名前:わがまマン!さん(2006/2/7)
早速のご助言有難うございます!
なるほど、巡り会うまですこし努力が必要ですが、建築士さんのキャラクターによってはベストな選択になりそうですね。
しっかりした監理も要望したいので、出来るだけ周辺地域の建築士さんの情報をこつこつ収集してみたいと思います!
まじめな家づくりセミナー