ブックマーク:

手抜き工事をするという噂

手抜きは必ずあるものですか?
名前:心配性さん(2005/6/13)
今度地元の工務店と契約をして建築予定なのですが、その工務店は地元でもたくさん建てている(年間400棟)大手の工務店さんです。比較的安く建ててくれるのが評判です。
ところが、今日以前にその工務店で建てた人と話したら、「手抜きは当たり前よ。毎週しっかり見に行かないと、とんでもないことになるわよ。自分たちも見に行って、間違いを指摘したりして、やっとできたんだけど、見に行っていなかったらと思うとぞっとする。」といわれてしまいました。もちろんなるべく見には行こうとは思いますが、毎週はとても無理です。もちろん手抜きはされては困りますが、ではいったいどのようにしたら、手抜きされないのでしょうか?毎日見に行って、監督するなんてとても無理です。
なにかよい意見がございましたら、ご教授ください。
手抜き工事について
名前:ザ・ハウスさん(2005/6/17)
心配性さん、こんにちは。

家づくりは軽微なものを含めれば様々な失敗や間違いが必ず発生するといっても過言ではありませんが、するべき工事や手間を省く「手抜き工事」は当たり前ではなく、決してあってはならないことです。

現在ご依頼をご検討中の工務店さんが「手抜き工事」を当たり前のようにされていることが事実なのか、複数のお施主様に伺って情報を集められたらいかがでしょうか。
お一人のお施主様のご意見でその工務店が「手抜きが当たり前」と判断することはできません。なぜなら、その他の多くのお施主様は満足されている可能性も考えられるからです。

その上でやはり安心して任せることができないとのご判断であれば、新たに工務店を探し安心して任せることのできる工務店に依頼することをお勧めいたします。専門家でないお施主様が毎週現場に行ってチェックをすることには限界がありますし、信頼関係の無い家づくりは必ずトラブルになります。

その他の方法としては、工事監理(施工検査)を第三者の専門会社に依頼する方法があります。お施主様に代わって専門の検査員が建築中にチェックをするサービスです。

最近では第三者のチェックの必要性を感じ、工務店独自に第三者の検査を導入されている工務店も増えてきました。第三者チェックを受け入れる工務店か受け入れない工務店かという点も工務店選びの一つの目安になると思います。

もしくは、工事と監理を一つの会社がするという家づくりを根本的に見直すことも考えられます。

心配性さんが信頼できる建築家に相談し設計・工事監理をご依頼いただき、施工のみを工務店に依頼することによりチェックする側とチェックされる側を分ける方法です。建築家がお施主様に代わって、図面通りに工事されているか監理を行いますので、万が一の手抜き工事を未然に防ぐことができます。

このように「手抜き工事」を防ぐ幾つかの方法がありますので慎重に依頼先を含めてご検討ください。

手抜きと言う言葉が適切かは判りませんが
名前:任せっぱなしダメよさん(2005/6/23)
当方の経験では手抜きと言う言葉が適切かは判りませんが、「適切でない施工」は、当たり前のように見過ごされているのではないかと思っています。
私の場合は、毎日現場に行きました。毎日と言うより毎夜懐中電灯を持ってですが・・・(週一程度では、壁を順に貼られるとチェックできません)
3階でしたので構造計算を提出させ全てチェックしました、金物の指摘だけでも20箇所以上、耐力壁に関しても数箇所程度改善させました。
建前で入れ忘れた隠しボルトの部分にボルトの頭だけ差し込んであったのを発見して、ブチ切れて大工をクビにしたせいで2ヶ月遅れたりしました。
でも、悪質な業者という訳でもないのですよ、多分管理が全く出来ていない業者であっただけだと思います。
それだけに、あって当たり前とも言える気がします。
当方は、電気関係ではありますが建築にかかわりのある人間でしたので自分でやりましたが、一般の方はなかなか難しいと思います。
ザ・ハウスさんの言うとおり監理会社に依頼するのをお勧めします。
でも、施主さんの意見は、壁の中の見えない手抜きに関しては、気付いていないのがほとんどだと思います。
皆さん、上手に手を抜きますよ
名前:手抜きに悩む人さん(2005/6/23)
手抜きはあって当たり前の世界です。基礎の部分、床下、壁の中、天井など、施主がわからないところで、丈夫に手を抜きます。普通の施主ではわかりません。仮にうまく見つけた場合、大工に開き直られる場合もあります。本当にこの業界は油断もすきもならないというのが実態です。建築士に監理を依頼したとしても、週に1回やそこいらのチェックでは到底見抜けません。もし見抜けたとしても、やり直しさせるでしょうか。大工は建築士の監理スケジュールを見越して、さっさと壁なんかをはってしまいますよ。
手抜き工事について
名前:現役大工さん(2005/6/23)
上手に手抜きをしますよさんについて
手抜きと不注意の定義は何ですか?私は地元中心に仕事をして23年、間違いは間違い不注意で忘れることは無いとはいいません、ですがすべてが手抜き工事と言われることは腑に落ちません、あなたは住宅建築に関してすべて把握しているのでしょうか?ただ単に価格だけで決めているのではないでしょうか?孫、ひ孫と言う構図をご存知でしょうか?工務店すべてがそうではないにしても安ければ安いなりの理由があるのですよ。一括管理の責任のある工務店であればそれなりの価格はしますそのことをお分かりでしょうか?
一概に価格だけできめているのではないでしょうか?
カローラとクラウンを同じ土俵で比べているような物ですよ。孫ひ孫を使っているような工務店は手抜き工事があります。でも自分だけもしくは自分のグループで信用仕事をしている様な工務店はまずその心配は無いでしょう、よく見極めることです、すべてが手抜き工事ではありません。信用しないと大工も人間ですので、信用しない人間にはそれなりの検査ぎりぎりの仕事しかしないですよ。あなたも職人も人間です、信用できる人間には私は変な工事をしません。疑いの目というのは分かりますよ。ではご検討をして対応してください。
なんだかご迷惑を
名前:心配性さん(2005/6/23)
失礼な質問で、かえって皆さんにご迷惑や、不愉快な思いをさせてしまい申し訳ありません。
結局は、人間のやることなので、間違いはおこることはあるけれども、ほとんどの大工さんは、大丈夫といこことですね。監視すれば手抜きされないというわけではないでしょうし、全くまかせっきりではいけないということですね。工務店さんを信頼し、現場の大工さんとも十分にコミュニケーションを取るように心がけます。
まじめな家づくりセミナー