工務店選びのポイント(1)

目の付け所ってどんなところでしょう?
名前:masuさん(2001/6/6)
今、家を建てることを考えています。そこでご相談があります。建築家の方を見つけるのはなんとかなりそうな気がするのですが、建築家選び以上に、工務店選びはすごく難しい問題のような気がするのです。例えばどんな会話のなかで工務店を判断し、どういう姿勢であれば安心なのか?もちろん費用や技術ということも大きな問題なのでしょうが、その他の部分ではどの辺を、どうやって判断して行けば良いものなのでしょう?

もしも具体的に「こうすればいいよ」とか「こんなこと聞いてみて、こういう答えならひとまず安心」とか、何かありましたら教えてくれませんでしょうか?
よろしくお願いします。

「姿勢」を見極めてください
名前:ザ・ハウス(2001/6/7)
masuさん、こんにちは。

ご疑問は、もっともだと思います。
ザ・ハウスでも工務店紹介サービスを行っており、登録作業を進めていますが、我々この業界の人間でも工務店の評価をするのは大変難しいことです。
ザ・ハウスでは各工務店の過去3年間の決算書をチェックすることが必須となっていますが、そこで分かることはごく一部のことにすぎません。

住宅を請け負う工務店は、ほとんどの会社が小・中規模であり、代表者の信用が会社そのものの信用といっても過言ではありません。中規模になってくると担当者が付いて、なかなか代表者と直接話をする機会がありませんが、規模を考えれば、その場合もやはりその担当者が会社の信用を代表すると考えてもいいかと思います。

その上で、代表者なり担当者の「姿勢」を見極めてください。

質問内容は何でもかまいません。
どんな細かい、プロから見れば的はずれな質問だとしても、それにていねいに答え、お客様が納得できるまでねばり強く話そうとする人物であれば信用していいかと思います。
逆に、答えるのをめんどくさがったり、「これはこういうもんだ」的な答えをいう会社は、仕事もそれなりと考えられます。

それ以外にも、電話に出る人が自社の名前すらいわない、取り次ぐときにも「お待ち下さい」の一言もない工務店は、お客様を重んじる会社の姿勢が欠けているわけですから、当然お客様に喜ばれるような仕事ができるとは思えません。

以上ご参考になりましたでしょうか?

「家づくりの基礎知識」のなかの「工務店選びのツボ」も参考にしてみて下さい。

工務店の仕事を見る
名前:上田 勝さん(2001/6/8)
masuさん、こんにちは。

最低限重要なことは、やはり現場の仕事を見るということです。基礎の状態、特に地盤調査を必ず行うかどうかを知ることは大切です。構造金物の施工状態や筋交の入り方など、建ててからではわからない部分に工務店を見極めるときのポイントがあります。

工務店を選ぶときは、その工務店が現在施工している家をこまめに見学し、実際の仕事を見ながら気になった部分を質問することが大切です。時折、施工途中の家を案内しようとしても、「わからないから」で行かないお客さんがいますが、「わかるまで見に行く」姿勢がより重要なことです。そこで得た知識は必ず家を建てるときに役立ちますし、現場の大工さんが説明をしたがらないようなら考え物でしょうね。

ありがとうございました
名前:masuさん(2001/6/8)
ザ・ハウスさん、上田さんありがとうございました。
なかなか難しいのですね。でも早速実践してみようと思います。実際に工務店に連絡を取る段になったら、またいろいろ教えてください。たぶん分からないことがこれからたくさん出てくると思いますので。
まじめな家づくりセミナー