建築家の業務範囲(1)

建築家の仕事について
名前:でいごさん(2000/12/12)
よかったら、どなたか教えて下さいませんでしょうか。

住宅メーカーの営業担当者の方は、資金計画の相談や住宅金融公庫などの申し込み、手続きに必要な書類、引越しなど住宅購入時の「身のまわりのお世話」をしてくれるそうなので、安心して計画全体を任せられるという利点があると思いますが、建築家にお願いする場合はどうなのでしょう。

聞いたところによると、そういった手続きに関しては自分自身がしっかり勉強してやらなければならないので、結構な手間がかかるそうですが、やはり建築家にお願いする場合には、自分ですることになるのでしょうか?

建築家にお願いしてみたくても、この部分については今ひとつ不安なところがあるというのが正直な気持ちです。

建築家は営業マンではないので、それはそれで仕方の無い事かもしれませんが、建てる身としては、一生に何度もあることではありませんし、所詮素人ですので、不安に感じてしまいます。

こんな不安を感じているのは、私だけでしょうか?

大切なことですね
名前:ザ・ハウス(2000/12/12)
<2005/11/17一部加筆・修正>

でいごさん、こんにちは。

一生に何度もない買い物をする方のご不安はよく理解できます。

おっしゃるとおり、ハウスメーカーや工務店と違って、建築家の場合は家を設計し監理すること以外の周辺業務は基本的に行わず、建築家で建てる不便さのひとつの原因になっています。
ただ、別に怠慢というわけではなく、業態や専門分野の違いとご理解下さい。

よって、基本的には建築家に設計を依頼する場合の「身の回りの世話」は建て主自身が行うことになります。
ただし、建築家に設計を依頼する場合でも施工は工務店が行いますので、施工周辺の雑業務に関してはほとんど工務店が行ってくれます。

しかし、それらのことを自分でやらなくていい、ということと、それらの知識を持たなくていい、ということは同じではありません。
家づくりにおいて一番大切なことは、どのような方法をとるにしろ、建て主自身が勉強し、さまざまな選択や意思決定を常に自分が理解し、納得しながら行うことです。誰かがやってくれることでも、建て主自身がそれを検証する知識や視点を持たなければ、気づかない間に思ったことと違う結果が出てしまったり、最悪の場合は悪質な業者に騙されることになります。

家づくりは簡単にやり直しがききません。ご自身の利益を守るためにも是非ともできるだけの知識を身につけられることをお勧めいたします。

ちなみに、ザ・ハウスでは建築家ご紹介の前に、融資などの計画の準備についてのコンサルテーションを行っています。また計画スタート後も「家づくりのトラブル110番」にてご相談を承りますので、是非ご利用下さい。

ありがとうございました
名前:でいごさん(2000/12/22)
ありがとうございました。
お礼が遅くなって、申し訳ありません。
いろいろなご意見を聞けて、嬉しいです。
私もしっかり予備知識を付けて、満足のいく家を作りたいと思います。
でも、すごくいろいろなことを勉強しなければならないようなので、どうやっていこうか悩んでしまいますが、ザ・ハウスさんの掲示板やトラブル110番に甘えさせてもらおうかとも思ったりしてます。
変な質問をしてしまうかもしれませんが、そのときはまたヨロシクお願いしますね。
まじめな家づくりセミナー