見積もり書の読み方

見積もりの調整
すももさん(2009/10/06)

トップライトの件では、ご意見いただきありがとうございました。
いよいよ見積もりを提示される段階となりました。

このなかで、水道・ガス・電気などに申請手続き料という見積り額が入っているのですが、これは個人でも行なえる手続でしょうか。

また、ハウスクリーニングとして数万円の計上がありました。
一般的に工事完成後の木屑やクロスの端きれなどの清掃にしては高いと思いますが、なにか引き渡し前に特殊な清掃が入るのでしょうか。

品番と価格が書いてあっても、メーカーの記載がなかったりして、どのような仕上がりになるのかイメージがつかず困っています。

できるだけ工務店側に説明を求めるつもりではいますが、見積書の読み方として気をつけるべき点など教えて頂けるとうれしいです。

よろしくお願いします。

すももさん
Mさん(2009/10/11)

トップライトの件にて、意見書きましたMです。
設備に関する各種行政側への手続きは、建築主個人では
行えません。よって工事見積書項目に、申請手数料が
計上されているのがごく一般的です。
又合併処理浄化槽・エコキュート等を使用するのであれば、関係機関ヘの補助金の申請等もしてくれるよう念を押して下さい。
又、ハウスクリーニングですが、工事竣工引き渡し時に
専門の業者さんを入れて、床のワックス掛け等入念に清掃してくれますのでやはり工事費に計上されるのが普通です。使用材料・設備機器等の品番価格等はメーカーの
カタログを提出してもらって、良く照合して納得のいく
説明を求めて下さい。
それから、工事見積書をご自分で検討するのは、絶対に
不可能・無理です。
近くの設計事務所に、監理のみでも依頼することをお奨めします。

同感です
秋晴れさん(2009/10/12)

初めまして。Mさんに全く同感です。
建築家・工務店の出してくる見積書は灰色の塊です。材料費はある程度はチェックできますが、
加工費・大工の人工などは、相手も経験に基づく、
「勘」で計上しているので、突っ込んでも
相手も納得できる答えができないでしょう。

より良い仕事をしてもらいたいです
すももさん(2009/10/13)

Mさん、
秋晴れさん

見積もりについてのアドバイスをいただいたこと、ありがとうございます。
家を建てるなんて初めてですから、申請書やハウスクリーニングなんて、素人がやっても大差ない程度の事かと思っていました。

使用する材料でわからないものはひとつひとつカタログとあわせながら確認していますが、特に内装系については「事前に決めても変更になりやすいから」とのことで、工務店が勝手に標準的なもので見積もり、実際に選んだものとの差額を最終支払いで調整するのだそうです。

クローゼットなどのパーツや造作家具もほとんどが大工仕事ではなく、既製品を組み合わせて取り付けるだけのようで、ちょっとガッカリしています。

いわゆる手間賃部分は良い仕事をやっていただくためのものですから、できるだけ無理な交渉は避けようと思っています。

ただ、こちらの予算との差は依然としてあるわけで、どんな材料にすればいくら増額(減額)になるのかは理解した上で発注したいと言うのが本意です。

それに対して工務店が出してきた見積書があまりにも工務店の標準仕様にのっとった材料ばかりなので判断しかねています。

Mさんのおっしゃっていた補助金の申請も忘れずに依頼しておきたいと思います。

ありがとうございました。

すももさん
Mさん(2009/10/13)

工務店からの工事費見積もりの検討の件ですが、ご自分でいくらカタログと見比べてみても、素人のすももさんでは限度があるでしょう。
まずこれだけは是非検討してみて下さい。
1 構造材(柱・土台・梁)等の材種・材寸
  これはプレカット図を提出してもらえばすぐ分かり  ます。
2 鋼製建具の断熱性能及びガラスがペアかどうか。
3 外断熱か・充填工法か又断熱材の種類は何か。
4 地質調査は何点行っているか・報告書は提出され、説  明を受けているか。
5 基礎配筋はピツチは何センチ間隔で、鉄筋経は何ミリ  か。
6 外壁・屋根の仕上げは防火構造・不燃材か。
7 シックハウス対応の24h換気は、ロスナイ型か。
8 オール電化か。
9 内装壁材・床フローリングに無垢材を使用している   か。
10 照明器具・コンセント等は適正か。
11 暖冷房は壁掛けエアコンか・天カセか。
  以上大まかに検討して全て満足できる仕様であれば
  全体のコストはアップするのでは。
  将来を見据えてこれだけは譲れない部分とそうでな  い部分を整理して上手にコストダウンを考えてみて  は如何かと思いますが。

まじめな家づくりセミナー