ブックマーク:

残金支払いの時期

最終の支払時期について
名前:もうすぐ完成さん(2003/7/11)
完成時期が遅れながらも、何とか完成に近づいている我が家ですが、最終の支払について若干の疑問があるのでご意見をお聞かせ願えればと思い、書き込んでいます。
業者からは、完成検査時に手直し分を確認しますが、残金は翌日に全額を振り込んでくれって言われています。ただ、私としては、残工事分くらいの額は、残工事が終わってからでないと、いくら文書でかわしたとしても、やってもらえるかどうか不安です。また、残金全額を支払わないと鍵を渡さないとも言われています。それだと仮住まいからの引っ越しもできませんし、困るのですが、だいたい、そんなものなのでしょうか?
ご意見をお聞かせ下さい。また、注意しないといけない点についてご存知の方がありましたら、教えて下さい。
よろしくお願いします。
よくあるケースです
名前:ザ・ハウス(2003/7/19)
もうすぐ完成さん、こんにちは。

本来は、手直し工事も含め、すべての工事が終わってから、引渡し(残金の清算をする)を受けるというのが前提です。

完成検査で手直し箇所をお互いに確認しあった後、一定の補修期間を経て、「残金の支払い」と同時に「鍵の引渡し」を受けるのが最も理想的ではあります。

しかしながら、ご入居の都合などによっては、手直しの期間を十分に確保することができない場合もありますので、その際には、まず引渡しを受け、その後に補修を行うというのもよくあるケースのようです。

ただし、この場合には、完成検査時点での手直し箇所を工務店と確認し、「引渡しを受けた後に間違いなくその箇所を補修をする」ことを書面に残した上で、引渡しを受ける必要があります。

お互いに良い関係を築けるように、工務店さんとお話し合いを持たれてはいかがでしょうか。

まじめな家づくりセミナー