設計事務所の選択

設計事務所の選択
名前:かえでさん(2013年8月16日)
何回か打ち合わせをし、実費でプラン(間取り、1/50模型)を作成していただき80%くらいそこの設計事務所(A社)に依頼するものとして進んでいました。

しかし、家づくり当初、後悔するのは嫌だからと1回だけあったことのある憧れていた建築士(B社)の方から連絡が来て「簡略化によりコスト減の家が出来るようになります。打ち合わせは基本的に施主の自宅で行います。(遠方で小さい子供もいる為)ぜひプランを出させてください(実費)」とメールが来て心が揺らいでいます。

A社=住みやすそう・近隣の景色に合う・身の丈のコスト・プランは大変気に入っている

B社=憧れ(プランは依頼していないのでわかりません)

人柄はA社、B社の方も大好きです。

そこでお聞きしたいのは、建築士の方から見て「大体契約してくれそうな施主だな」と思っていても上記のことを正直に伝え「チョット契約は待ってください。実は上記のことがあり迷っています」と言われることは心情的にどうなのかが聞きたいです。

優柔不断でどうしようもありませんが、一生に一度のことと考えると迷います。

アドバイスお願いします。
設計事務所の判断基準
名前:ザ・ハウス(2013年8月16日)
かえでさん、こんにちは。

家づくりは大きな問題ですので、お迷いになられるのも当然だと思います。

どこかにひっかかる部分があるのであれば、ぜひ、じっくりとご納得のいくご判断をされるのがよろしいかと思います。

心情的な部分は、いろいろなお考えの方がいらっしゃるので何とも申し上げることができませんが、一般的には、A社さんにはプラン作成の実費をお支払いのようですので、お迷いでいらっしゃる状況を率直にお伝えいただき、いったん検討の期間をくださいとお伝えすれば、何ら問題ないと思います。

また、念のため、その後の作業を止めていただくことも合せてお伝えになるとよろしいかと思います。

ただ、今後、設計事務所をご検討されるにあたっては、くれぐれもプランの良し悪しだけでご判断されないようにご注意ください。

少し乱暴な言い方になりますが、設計事務所が設計監理を行う家づくりの場合、ハウスメーカーのような工法の制約がないため、自由度の高いプランをいかようにも描くことができます。

また、設計事務所は、工事費を算出できる立場にありませんので、実際に工事を行う工務店から見積りを取るまでの間は、その建築家のこれまでの経験だけが頼りになります。

実績が多い建築家の場合、ご予算との兼ね合いを踏まえた現実的なプランを出すことが多いため、当初のプランが必ずしもご要望をふんだんに取り入れたものではない場合もあります。

逆に実績が少ない建築家の場合、最初に提案されたプランでは要望が適えられていたのに、半年後に工務店から見積りを取ってみたら、結局、予算が合わず、最初のプランを大幅に変える必要が生じてしまった、というトラブルが少なくありません。

これまでに、その設計事務所がかえでさんのご計画と同じご予算帯での実績を手掛けたことがあるかどうか、また、プラン作成のプロセスの中で、どちらの方がよりストレスなく意志の疎通ができたかどうかも、ぜひご判断材料に加えられることをお勧めします。

くれぐれも、プランの良し悪しだけで設計事務所をお決めにならないように、十分ご注意ください。

まじめな家づくりセミナー