ブックマーク:

生産中止になった照明器具

生産中止は誰の責任?
名前:ハロハロさん(2011年10月28日)
こんにちは

ザハウスさんにはお世話になっております。

建築家と家づくりをスタートさせ、紆余曲折ありましたが間もなく完成。引越日も決め、色々と手続きも進めている最中ですが一昨日設計士から連絡が入り、予定していた照明が生産中止となりダインライト10個分在庫がなく足りないとのこと。

ペンダントライトも生産中止で色違いしか無いとのこと。

ダウンライトはすでに穴が開けてあるので取付けられるタイプは限られていて金額が3倍くらいするそうです。

こんな間際にありですか?

日にちが迫っているため本当に困っています。

照明を変更せざるを得ない状況ですがこの場合の費用負担、責任は誰になると思われますか?

ご意見お伺いしたいと思います。

よろしくお願いします。

責任の所在は難しい問題です
名前:ザ・ハウス(2011年10月29日)
ハロハロさん、こんにちは。

いよいよ現場も最終段階の器具取付で、照明の生産中止とはさぞご不安かと思います。

今回のように発注段階ではじめてわかるケースは、現場や建て主に混乱を招きますので、このようなことが起きないよう現場監督が早めに確認、対応に努めるのが一般的です。

しかし一方で、照明だけに限らず設備機器は商品の入れ替えが多く、廃番や欠品になることも少なくありません。一概に工務店や建築家だけに否がある問題とも言い切れませんので、ハロハロさんが依頼されている建築家を通じて、なぜこのような問題が起きてしまったのかをご確認ください。

その上で、建て主の都合に因らない仕様の変更にもかかわらず、建て主が増額分のコスト負担を負うことに疑問を感じているということを率直にお伝えいただき、各関係者で費用負担について今一度検討していただくよう求めてみてはいかがでしょうか。

まじめな家づくりセミナー