設計事務所との家づくりで必要な費用

建築家への支払い
疑問さん(2009/03/06)

お世話になります。素朴な質問なのですが、建築家に依頼する場合、工務店への費用、建築家への設計監理料、交通費そして、諸費用で全てでしょうか?また、諸費用の価格はどの建築家も同価格を請求するものでしょうか?詳細は同じでしょうか?
建築家にお聞きした時、ある方は触れない、ある方はかなりの?額をおっしゃいました。
おおよそどの程度額なものでしょうか。
宜しくお願いします。

ご回答
ザ・ハウス(2009/03/12)

疑問さん、こんにちは。

お返事遅くなりました。

建築家で家を建てる場合は、建築家への設計監理料、工務店への工事代金の2つが基本です。

その他に別途かかるものとして、引越し費用や仮住まい費用、ローン関連費用、土地取得関連費用などがあります。

建築家への費用についてですが、建築予定地と建築家の拠点が離れている場合には交通費(実費)を別途請求されることがありますが、新幹線や飛行機を使わない範囲であれば設計監理料に含まれます。

また、確認申請料実費を別途設定している建築家もいますが、これも通常は設計監理料に含まれます。

その他、重量のある建物で外注の構造設計が生じる場合、ほとんどの建築家は設計料の料率を多少あげることで対応しています。

整理しますと、床面積30坪程度の木造在来工法で予定地が建築家の拠点から離れていない場合は、通常は設計監理料以外はかかりません。

重量のある建物を建築家の拠点から離れた土地に建てる場合、床面積等の条件にもよりますが、上記と比較して諸経費に相当する分がおおよそ50万円以上かかるかと思います。

建築家によって、何を含める含めないの料金システムはまちまちですが、設計監理の部分を除いた諸費用分は実費+手間賃ですので大きな差はありません。
むしろ、設計監理部分の差の方が大きいと思いますので、同条件であれば諸経費を含めた総額で比較した方がわかりやすいかと思います。

まじめな家づくりセミナー