竣工図を渡せない?

竣工図
nanaさん(2009/09/23)

設計事務所に設計監理をお願いして戸建住宅を新築し、先月竣工しました。
(設計事務所にお願いした場合)今や当たり前に近いと思うのですが、竣工図面をいただけるものと思っていました。
尋ねてみると「お渡ししません」と一言。

今後住み続けるには必ず必要なので何としてでも手に入れたい(入れなければならない)と思うのですが、こういった場合どう対処すべきでしょうか。
ひたすらお願いするしかないのでしょうか。

振り返ってみると、着工後(請負契約後)に変更があっても変更した図面をいただいたこともなく、請負契約時の図面に記載されていない細かな納まりなど現場への指示は全て口頭だっと聞きました。
「渡さない」ではなく「渡せない」のでは?という気もします。

今後メンテナンスをする際に最低限必要な図面はどういった図面でしょうか。

この二点について是非アドバイスお願いします。

必ず入手して下さい
NAKさん(2009/10/01)

個人設計事務所のモラルの低さが露呈していますね。
工事中での変更箇所や設備図面等は絶対に必要となります。
後ほど起こるであろうメンテナンスや不備について
個人である設計者や、もし施工した工務店がなくなったりすれば被害を被るのは施主であるnanaさんです。図面のない建物のメンテナンス工事は、必ず時間と費用が余計にかかります!また、建物価値の低減に繋がる要因になるでしょう。
設計監理者として設計料を頂いているのであれば当然の義務です。
竣工図書として詳細図や仕様仕上げ表・設備・電気関係図、全て必要です。
但し、nanaさんの危惧しているように業務を怠って
いたのではないでしょうか?
よく聞く内容ですので・・・

まじめな家づくりセミナー