ブックマーク:

設計責任

家が建ったあとの事故
名前:うだうださん(2004/10/7)
建築中は色々教えていただきありがとうございました。無事昨年十二月に入居したのですが、この春、玄関デッキから妻が転落し、頭を強打するという事故を起こしてしまいました。幸い大事には至らなかったのですが、危ないところでした。
 デッキは、斜めになった土地にあり、高いところでは1.3メートルあります。手すりはありません。高くはなくても落ちれば怪我をしますし、低い個所でも土地が斜めになっているせいか、錯覚を起こして足を踏み外す客は少なくありません。
 そこでこの転落事故を機に、手すりをつけることにし、建築家に相談したところ、新たに設計料が発生すると言われました。転落事故に対する責任をまったく感じていない様子や、「必要だと思うならつけたらいいでしょう」というような言い方にカチンと来たせいもありますが、なんだか納得できない気持ちです。
 最初の設計で手すりをつけなかったのは、もちろん施主も合意の上ではありましたが、こう言う場合、設計者には何の責任もないものなのでしょうか。
工務店にご相談されてはいかがでしょうか
名前:ザ・ハウス(2004/10/12)
うだうださん、こんにちは。

何よりも、まずは奥様のお怪我が大事に至らず一安心です。

建築家の責任についてですが、建築家の業務はお施主様の代わりに図面を作成し、工事監理を行うということになります。また、今回のケースではうだうださんも合意の上での決定事項という事になりますので、建築家の責任はおそらく法的には及ばないものと思われます。
 
ただ、今回の様な事故は設計の段階から当然想定ができたことですし、それに対する対処を怠ったこと、また、起きてしまった事故に対して全く責任を感じていない建築家の態度には少々疑問を感じます。

追加工事を行う際に追加の設計料がかかる事もありますが、今回のケースでは、追加の設計料が掛かるほどの工事とは考えにくく、うだうださんがご納得できないというのも無理はないかと思います。

ただ、今は建築家との言い争いよりも、今後この様な事故が起こらない様に、早急に対応を行う方が先決かと思われます。

手すりの工事程度でしたら、全体の雰囲気を壊さずに工務店さんでも十分に対応ができるかと思われますので、施工を担当された工務店さんに一度ご相談なさってはいかがでしょうか。

いずれにしても、二度とこの様な事故が起こらない様に、十分な対策と素早い対応を行うことが大切かと思われます。

ご助言ありがとうございます
名前:うだうださん(2003/10/16)
ザ・ハウスさん、いつもながらバランスの取れたご助言、ありがとうございます。先には建築家を一方的に非難するような書き方をしてしまい、ちょっと反省しておりました。あまりに他人事のような言われ方をしたので、ちょっと冷静さを欠いていたようです。
 工務店とも相談し、また幸い私的に助言をしてくれる建築家の方もありましたので、安全かつ見た目にも心地よい手すりが作ってもらえそうです。
 家作りを頼んだ最初の建築家と気まずい関係になってしまったのは残念ですが、今度のことばかりでなく、工事監理のときから少しずつ疑問もたまっていたので、仕方のない帰結だったかな、と思うこのごろです。
 とにかく「外の目」からのアドバイス、いつも感謝しております。ありがとうございました。
まじめな家づくりセミナー