ブックマーク:

建築家に紹介された工務店

建築家に土地探しを手伝ってもらう
名前:たっちゃんさん(2004/2/6)
建築家を絞り、後は土地を探すのみ、という段階です。
条件なしの土地は少ないし、選ぶ目に自信もないので、建築家の方に資料を送ってみてもらったりしております。

ところで私たちの希望する地域は建築家の事務所のエリアと同一県でも少し離れています。
でも建築家の知り合いの不動産屋の頼めれば同じ土地でも仲介料を安くしてもらえるそうです。
その不動産は工務店(不動産業もやっている、ということ)ともつながっていて、通常の建築家のように合い見積もりはとらず、そこに建ててもらうことになります。

このような場合、建築家のすすめるままに、この不動産屋さん(工務店兼)にゆだねてよいのでしょうか?

最近気になる土地がでていてその土地をどう買うかまよってしまうからです。

建築家に説明を求めては?
名前:ザ・ハウス(2004/2/8)
たっちゃんさん、こんにちは。

恐らく、不動産会社さんのお考えとしては、「工事をご依頼いただけるのであれば、土地の仲介手数料はお安くしておきますよ」ということなのだと思います。

しかし、建築条件付の場合とは違って、「その工務店と必ず工事契約を結ばなければならない」という決まりがあるわけではないようですので、工事をお願いするか、しないかは、あくまでもたっちゃんさんのお気持ちの問題のような気がいたします。

ちなみに、工務店を限定する場合のメリット、デメリットは以下のようにまとめることができるかと思います。ご参考になさってみて下さい。

初めから1社に工務店を決めて話しを進める場合、当然ながら、複数の工務店の見積り金額を検討したり、技術力、保証内容などを十分考慮した上で工務店を選ぶことはできません。

しかしながら、工務店を限定することは決して悪いことばかりではありません。
計画の当初から、建築家との良好な協力関係を築くことができる1社の工務店に限定して計画を進めることで、材料やコスト、技術面などのアイディアを積極的にご提案いただくことができ、それによって質の高い住宅ができる場合もあります。

もし、たっちゃんさんが工務店を1社に限定してご計画を進めることにご不安が残るのであれば、正規の仲介手数料をお支払いになっても、自由に工務店を選べる状況をご選択なさった方がよろしいのではないでしょうか。
ただし、工務店を限定した場合には、建築家と工務店の慣れ合いから監理が甘くなる可能性は否めませんので、ご相談している建築家の方に、工務店を指定する理由を伺ってみてはいかがでしょうか。

良心的で建て主様のご不安を理解する建築家ならば、当然、説明することを快く承諾していただけるはずです。
逆に、他の工務店との比較検証を面倒がったり、合理的な理由なく自分の推薦する工務店にこだわる建築家は、信頼できるとは言い難いのではないでしょうか。

いずれにしても、主役である建て主様が、建築家からご納得できる説明を受けることが重要かと思います。
その上で、その不動産会社さんに土地の仲介や工事をお願いするかどうかをご判断されてはいかがでしょうか。

まじめな家づくりセミナー