ひどい建築家(2)

ひどい建築家(2)
名前:ソルトさん(2003/9/12)
以前、「ひどい建築家(経験談)」を投稿させていただいたものです。
ここで、書くことではないかもしれませんが、私どものように、色々な事情からこちらで建築家を紹介いただくわけにはいかなくなってしまう方もいらっしゃると思いますので、参考にしていただけたらと思い書きます。

柱の位置を設計平面図上は修正しながら、構造の図面に修正していなかったことがあった後、「設計・監理料は、ひきます」と口頭で、建築家側から申し出ていました。
ところが、家が立ち上がってから、最終図面(まだ、間違いがあるのですが)とともに、残金(最初の契約時の金額)の請求書が送られてきたので、説明を求めたところ1ヶ月以上返事が無く、再度連絡したところ(施主側で依頼したことを調べもせずに、工事が進んでいるいるので不可能と断ってきたが、今調べると、そのときなら、対応は可能であったと思われることを確認、施行のやり直し請求を含めての連絡)、次のような文面が、回答の最後に入ってきました。

「残額の設計料を支払いたくないとおっしゃるならお支払いいただかなくとも結構ですが、これ以上の対応は一切できませんのでご了承ください。
お支払いいただかなかった設計料でお好きにリフォームなさればと思います。」

この人は、都内の建設会社の「契約建築家」として紹介され「設計する際、贅沢かな、無理かなということは考えず住まいに対する夢や考え方を聞くことから始めます。施主も設計者も手間を惜しまず対話し検討を重ねることでコスト使用のあったオリジナルな住宅を」というようなことをいっている女性です。
もし、必要なことがありましたら、私どもの彼女からされた仕打ちの記録をお見せしますので、ご連絡ください。

建築家選びは難しい
名前:Simonさん(2003/9/14)
先日、住宅性能表示制度について質問させていただいた者ですが、私も建築家との家作りで苦い思いをしました。
(ザ・ハウスさんに紹介された建築家ではなく、以前より雑誌で見て気に入っていた建築家に直接依頼しました。)

建築家との家作りを紹介する書籍などでは、建築家が施主の希望を汲み取って夢のような家を設計してくれると書かれていることが多いと思います。私共もそれを期待して一世一代の大金をかける家作りのパートナーを建築家にしたのですが、期待外れでした。

期待外れというのは私達の依頼した建築家は、施主の希望を考えるのではなく、自分が建てたい家を一方的に提案する人でした。長年夢にみてきた家への希望を聞いてくれることもなく、図面を作成すると言い、その前に契約もしてくれということでした。また、建築の構造等品質のことなど質問しても心配ありませんと詳しい説明もしませんでした。恐らく長年建築家として仕事をしている方なので、何も心配せず全て任せれば夢のような家を作ってもらえたのかもしれませんが、それは建築家の家であって、私達の家では無いような気がしました。契約前でしたが、お互いに労力と時間を無駄にしてしまいました。

建築家との家作りを考えられている方には、建築家にはいろいろなタイプがあることを認識して、自分の希望に合った人を選択することをお勧めします。それは一般の人にはなかなか分からないので、やはりザ・ハウスさんのような仲介媒体を利用することは有効だと思います。

データにでない情報
名前:ザ・ハウス(2003/9/14)
Simonさん、こんにちは。

Simonさんのおっしゃるとおり、建築家選びで必ず確認しなければならないのに、一般の建て主がなかなか知り得ないポイントは、一人一人の建築家の仕事の進め方や性格というような、データに出てこない部分です。

建築家とのトラブルの中で、もっとも多いのは、ここを確認していなかった(確認しようがなかった)ことが原因となっているようです。

Simonさんもおっしゃっていただいたとおり、ザ・ハウスでは特にこの部分に関していいアドバイスができるよう心がけており、登録数に上限を設けているのもまさにそのためです。

現在、自由が丘店ではマッチングコーディネータの新人が研修に入っていますが、建築家一人一人と実際にお会いし、それぞれの性格やコミュニケーションのタッチを理解するまではマッチングコーディネータとしてお客様の前に出ることはできませんので、少なくとも3ヶ月はこのデータに出ない情報を収集するために費やされ、その後もルーチンワークとしてその作業は永遠に続きます。

ザ・ハウスはそれが仕事ですので、それだけ多くの労力をかけられますが、ご自分のお仕事をもたれている方がそれをやることは大変難しいことだと、私たち自身が常日頃感じています。

よろしければ、是非ザ・ハウスをご利用ください。

まじめな家づくりセミナー