建築家とスタッフ

建築家とスタッフについて
名前:ビスコッティさん(2008/08/02)
この半年間、ある設計事務所と契約→打ち合わせ
を繰り返しています。

設計事務所といっても、契約前後は
建築家ご本人と、沢山メールのやりとりをし、
また会ってきちんとお話をしたりして、
意思疎通がはかれていました。

しかし時間が経つにつれ、メールや電話
はスタッフのみとのやりとりになり、
又打ち合わせ時に見せてくる案、加えて
それらのアイデアが書かれたノートまで
全てスタッフによるもので驚いています。

それから打ち合わせ中に
建築家がスタッフに、こちらに提案してきている案について質問しつつ話を進める始末。。。

それとなく不満をのべたところ、
建築家本人は、メールも案も全て自分が
チェックしていて、必要な時は口を出すし
最終的には自分が責任を持ちますからと
言っていました。

確かに、契約自体はあくまで建築家個人と
ではなく、設計事務所と結ばれたものです。
ですがこちらは、その建築家個人に設計監理を
依頼しているという感覚でしたので、
非常にとまどっています。

こういった不満は、感じている限りは
相手方に主張し続けるべきなのでしょうか?
それとも、設計事務所というのは本来
そういった形で設計監理をおこなっている
ものなのでしょうか?

ご意見頂ければ幸いです。

我が家の場合
名前:夢さん(2008/08/02)
 我が家も建築事務所に依頼して家づくりをしています。私たちも、ビスコッティさんと同じように建築家の方よりもスタッフの方とのやり取りの方が殆どです。
でも、私の場合は…スタッフの方の方が建築家の方に話すより相談しやすいです。スタッフの方も自分が信頼してお願いした建築家さんの下で経験を重ねている方だしスタッフの方が出してくる案もその建築家さんの下で学んで得た案だしきっと建築家の方も信頼して任せていると思います。でも、その案ややり方に納得がいかないようなら話してみた方がいいですよね。
不満を「質問」の形にすることには賛成します。
名前:ザ・ハウス(2008/08/02)
ビスコッティさん、こんにちは。

> 設計事務所というのは本来、そういった形で設計監理をおこなっているものなのでしょうか

夢さんの書込みにもありましたが、建築家本人だけではなくスタッフも打合せに関係してくることが多いようです。

どのぐらいスタッフに任せるか(権限を持たせるか)は、建築家の方針によって異なります。
ビスコッティさんのケースでは、ほとんどの打合せもスタッフが担当しているようですが、建築家本人がすべて打合せをしてスタッフはアシストするだけのケース、スタッフは図面作成などだけを行い打合せには全く参加しないケース、などがあります。

建て主側から考えれば、細々とした話も「すべて建築家本人に」というのがベストだと思う気持ちは分かりますが、建築家が同時に受けられる仕事が減ってしまいますので、結果として設計監理料が上がることが多いようです。
また、一人体制の設計事務所が、多くの仕事を(許容量以上に)受けてしまった場合、計画期間が長引く、プランを考える時間がない、監理に行く時間がない、など上手く回らない状態になってしまうことがあります。

しかしながら、スタッフに任せる体制がよい、ということではありません。それぞれの建築家の能力(例えば、図面をかくのが上手くてもスタッフを管理する能力が上手くない方もいらっしゃいます)、スタッフの能力に合った体制を作ることが、建築家にとっても建て主にとってもいいことだと思います。

したがって、どのような体制をとればよい、ということではなく、どのような役割分担で計画をすすめていくのかについてお互いに共通の認識をもっていなかったことが、ビスコッティさんの不満の源ではないでしょうか。

> こういった不満は、感じている限りは相手方に主張し続けるべきなのでしょうか?

不満を不満として伝えることには賛成しませんが、不満を「質問」の形にして説明を求めることには賛成します。

上記のように、設計事務所には建築家が「この体制がいいだろう」と考えて作ったスタッフとの役割分担がありますが、その説明を十分に受けていなかったことが問題だと思います。本来であれば、ご計画をスタートする時に話し合うべきことですが、今からでも遅くはないと思います。
例えば、プランは誰がつくっているのか、メールや電話の窓口は誰なのか、など。そして、なぜそのような体制になっているのか、などを納得できるまでご質問ください。

すべての意見を主張するのではなく、建築家・スタッフ、ビスコッティさんが気持ちよく計画を進められる役割分担や距離を作るように心掛けていただければ、よりよい関係が築け、結果として建物にも良い影響をもたらすと思います。

ご回答ありがとうございます。
名前:ビスコッティさん(2008/08/02)
>夢さん

確かに、スタッフの方には気軽に
質問したり相談したりは出来ますね。

それから基本、自ら選んだ建築家の方
の下で育っている方ですからセンスが
かけ離れるという事もなさそうで、
提案されている案にも特に不満は
ないんです。

その事に、新たに気づかせて頂きました。
ありがとうございます。

ただ今は基本設計期間なのですが
実施設計、コスト調整、着工・・・と
現実的にことが進むにつれ、経験の無さや
建築家のフォローの薄さが増してくるのでは
という不安はあり、少し神経質になりつつ
あるのです。。。

コメントありがとうございました。
夢さんも良い家が建つといいですね!

>ザハウスさん

ご回答、有難うございました。

設計事務所には建築家が「この体制がいいだろう」と考えて作ったスタッフとの役割分担がありますが、その説明を十分に受けていなかったことが問題だと思います。

本当にその通りです。
たぶんそれは、設計事務所の方針で
その役割分担や、特に前もって説明
しないという事にも、これまで
施主側から不満を受けた事がなかったり、
自信も持っている、という事なのではないか
と思いました。

まあそれはそれで良いのかもしれませんが、
何となく腑に落ちない気持ちを持ち続ける
よりは仰る通り、質問形式で問いかける
べきなのでしょうね。

的確なアドバイス、有難うござました!

まじめな家づくりセミナー