ブックマーク:

設計料を支払うタイミング

建築家さんの支払いについて
名前:Hさん(2006/8/7)
お世話になります。
新築を建築家さんにお願いすることを第一希望に検討中です。

住宅ローンは通常、完成後引渡し時に融資されるとのことです。
相談に行った某ハウスメーカーさんでは、契約時に10%(自己資金)、残りは引渡し時支払いとのことでした。

こちらの記事を拝見する限りでは、
建築家さんの場合、工事の段階ごとに10?30%ずつ、さらに別途工務店さんにもお支払いしていかなければならないようです。
そうなると、
建築家さんにお願いする場合は、引渡し時以前の支払い分、かなりの額の自己資金が必要ということになるのでしょうか?

建築家さんの場合、必要な自己資金は全体の何%くらいなのか、目安を教えて頂けると幸いです。
よろしくお願い致します。

ご参考まで
名前:ザ・ハウス(2006/8/11)
Hさん、こんにちは。

まず自己資金について、お話いたします。
金融機関から全額借入れで家を建てることは難しく、借入れ以外に自分で用意する手持ち現金のことを自己資金といいます。

自己資金は、土地・建物の20%の「頭金」と3?5%「諸費用(消費税は除く)」が目安とされています。

この20%+諸費用は建築家や工務店に途中支払いをする費用ではなく、金融機関が土地や建物に対しての融資を80%程度としている事や、消費税を除いたその他の諸費用は融資の対象には当たらないため、そこを手持ちで用意しなければならず、これが自己資金と呼ばれるものです。

ハウスメーカーさんでは個別で特例の対応をされる場合もあるようですので確実ではありませんが、Hさんが相談されたハウスメーカーさんのお話は、上記と同じようにご自身に手持ちの現金でご用意頂く費用のことだったのではないでしょうか。

それでは、Hさんが心配されている途中に支払いをしていく費用についてはどのようにすれば良いのかという事になりますが、通常は、家が完成した時に決済されておりてくる融資について、決済前の段階で融資を受けられるように金融機関に相談し、つなぎ融資を組んで対応頂くことになります。

家づくりの期間の途中段階で発生する費用の支払いについて確認し、その際の支払いについては、計画の前にお借入れをされる金融機関につなぎ融資として相談されることをお勧めいたします。

ある工務店ですさん
名前:Hさんへ(2006/8/26)
業者側から言わせると、契約手付け、中間金、引渡し時に残金となります。最近の住宅ローンは100%融資が可能です。つなぎ資金として、銀行が出してくれますよ。
まじめな家づくりセミナー