監理書類とは

監理書類とは?
名前:うだうださん(2004/1/23)
こんにちは。この情報交換所には何度かお世話になりました。おかげさまで12月初めに家がひとまず完成して入居しました。残工事がまだまだありますが、概ね満足しております。
 さて、「むーさん」のご相談に対するザ・ハウスさんのお返事の中に、「監理書類」という言葉が出てきましたが、それはどういうものでしょうか?
 と言いますのは、今までに施工の雑なところなどがあると、私たち施主が指摘しては、工務店に直してもらってきたのですが、ふと気づいてみれば、建築家からそのような指摘は一つもないのです。
 見えているところは私たちでも何とかなると割り切っていますが、断熱施工だの配管だの、見えなくなっているところについて、果たしてちゃんと監理してくれていたのかどうか、今になって不安になってきました。「あのー、監理してくれましたか?」と聞けば「しました」と答えられるに決まっているでしょうが、安心できません。
 監理書類なるものを作ってあるのであれば、提示を求めたいと思うのですが、それはどんなものでしょうか。
監理書類について
名前:ザ・ハウス(2004/1/30)
うだうださん、こんにちは。

マイホームの完成おめでとうございます。

「監理書類」とは、特に決められた書式を指しているのではなく、それぞれの建築家が独自に監理の記録として残しているものです。

現場でのチェック内容や、工務店との定例会議の議事録、工務店への指示書類など、建築家が自身が監理業務を行っていく中で、これまでの「家づくり」の足跡を残した書類があると思います。

ご希望であれば、建築家に説明をしていただきながら、見せてもらってはいかがでしょうか。

ありがとうございました
名前:うだうださん(2004/2/2)
ザ・ハウスさん、ありがとうございました。
そういうことだと、あまり期待は出来そうにありません。定例の記録は工務店がすることになっている、と初回の定例で言われ、建築家が記録をしている気配はありませんでしたから。それに現場での定例では(ほとんど毎回施主も参加したのですが)、たいてい打ち合わせに追われ、施工の監理はしていないように見えました。
 でも聞くだけ聞いてみます。
まじめな家づくりセミナー