物足りなさを感じる

建築士に不満
名前:モニカさん(2004/9/21)
はじめまして、現在知り合いの建築士に設計を依頼中です、半年間打ち合わせをしてみて、今ひとつ物足りなさを感じてしまっています、依頼した友人が従業員の1級建築士にまかせてしまっていて、補助だけしているのもちょっと違う感じがします、こちらが希望しているローコスト&自然素材についてもあまり詳しく無さそうだし、建物もあまり個性が無いというか、100%気に入ってません。こういう場合は契約を解除したほうがよいのでしょうか?それとも今の気持ちを正直にぶつけてみたほうがよいのでしょうか?
まずは気持ちをぶつけてみては?
名前:鹿サポさん(2004/9/22)
こんにちは。
自分も現在知り合いの建築士に設計を依頼しています。
依頼した理由は、自分たちもモニカさんと同様にローコスト、自然素材の家作りを目指していた中で、過去にそういう物件を携わったことがあるというのが決め手でした。
知り合いに頼むにあたっては、良く言われている思いを伝えづらいという思いもありましたが、打合せの最中は依頼主と建築家というように遠慮しないで意見を言うようにしています。
モニカさんがどういった経緯で知り合いに依頼するようになったのかは分かりませんが、過去に経験がない家作りは建築家も無理ではないかと思います。
ですので、もう一度思いの丈を率直にお話したらどうでしょうか?
補足ですが、事務所の規模によっては、事務所の所長以外の方がメインの担当になることはありますよ。
ありがとうございます
名前:モニカさん(2004/9/22)
恥ずかしい話ですが、決め手は主人の元同僚で付き合いが長くて身近な存在というだけで決めてしまって、どの様な建物が得意かは聞きもしないで依頼しました、しかも二人だけの事務所なのにサブに回ってしまうとは・・、担当の方も女の子で話しやすくていいのですが、自然素材とかはこちらがいろいろ調べて提案する形になってしまっていて、建築士に頼んだ意味はあったのかな?とまで考えてしまっています。鹿サポさんのおっしゃる通り納得がいくまで話あってみて、自然素材とかは自分で調べて提案していく形がベストでしょうか。
話し合いは大事。
名前:スコットさん(2004/9/23)
モニカさん、こんにちは。
私達はモニカさんと同じ様な不満を抱えながらもそのまま家を建ててしまいました。
まだ設計段階であるのであれば、設計方針を明確にし建築家と話し合いをした方が絶対いいと思います。
ましてローコスト、自然素材にあまり詳しく無く経験も無いとの事であれば、工務店選定でも大変になると思います。(ローコストは設計アイデアも大切ですが、工務店にも依ると思います)
実際、私達は工務店を自分たちで探しました。
工務店さんは経験豊富でいろいろ助かりましたが、本当にいろいろ大変で、建築家に頼んだ意味はあったのかなぁ?と言う思いは今も残ったままです。
モニカさんに時間的余裕があり、いろいろ調べたりするのが苦で無ければ宜しいですが、本来であれば建築家からの提案が普通だと思いますよ。
お返事ありがとうございます
名前:モニカさん(2004/9/23)
自分で考えて苦労した分建物にも愛情が持てるのでしょうね、幸い設計にかける時間的余裕はありますので、自分達の理想の家に近づけるように遠慮しないで思いをぶつけてみます。
妥協はいけません。
名前:建男さん(2004/9/30)
私も今大学時代の友人と設計を重ねて建築中です。私はデザイナー(仕事が)、彼は建築家という立場で、自身の家造りをしていますが、私は同時に施主という立場でもあるので、やりたい事と住む、ということの狭間でよく意見の食い違いが出ます。しかしそこからが私達がクリエイターとしての力量を発揮するところで、いかに自分の引き出しの中から良いものを生み出すか!ということに情熱を注いでいます。一般方は、肩書きなどで安心されたり、信用しきってしまうことも多いかも知れませんが、決してすべてのクリエイター(建築家/一級建築士)がその力量を備えているかと言えば、残念ながら答えはNOです。分からないなりに自分のイメージがおありならば伝えるだけ伝えて、納得いくのもが案として出てこなければ、思い切って白紙に戻した方が良いと思います。少々荒っぽい言い方をしたかも知れませんが、肩書きイコール能力ではありませんから。良いお家を建て下さい。
まじめな家づくりセミナー