交通費や差し入れなどの費用

建築家への足代
気になりますさん(2009/04/26)

こんにちは、ハウス様。教えて下さい。

建築家との設計段階で、事務所にこちらが通うとします。帰りは車で送ってくださる、となるとします。
当然何ヶ月間、繰り返されます。

普通、その建築家の送ってくださる車代は含まれているのでしょうか?駅から車で10分です。
それとも、そういう話が出たとき、確認すればよいでしょうか?それとも、3回に1度位お茶受けでも
持参すればよいのでしょうか?

よく、打ち合わせの後は毎回建築家と食事をして・・・なんて内容を読みますが、毎回!?
って感覚はのは私だけでしょうか?

こんなことを言い始めると、現場の人へのお茶の差し入れ等細かい出費はどうするの?と言われてしまいそうですが、

建築家への重なる細かな出費が気になります。

小さな人間かもしれないですが・・・普通皆さんどうなさっているのかご存知な範囲また、一般論共にお聞かせ下さい。

宜しくお願いします・・

ご回答
ザ・ハウス(2009/04/29)

気になりますさん、こんにちは。

建築家への交通費は遠隔地を除いて発生しません。
ましてや、送っていただいたことに費用を払うことは、許認可が必要なタクシー営業と一緒のことですので、費用が発生することはありえません。

いずれにしても、契約にない費用は払う必要はありませんし、事前に取り決めがない費用を請求されても、消費者契約法によって支払う必要はありません。

現場へのお茶の差し入れも必要はありません。
工務店側も建て主に現場に入られて、万一怪我をされたり、建物に何かがあった場合、責任があいまいになることから、むしろ好みません。

しかし、ここからは私見ですが、家づくりは工業製品を買うことではなく、人間が人間に対して継続的に行う行為ですので、建て主側にねぎらう気持ちがあるのとないのとでは、実際に計画のスムースな進行や建物の出来に差が出るのはないかと思います。

財布が傷むような出費ではなくてもいいので、義務としてではなく、節目節目で何かしら気持ちを示すことは大切かと思います。

ねぎらう気持ち
気になりますさん(2009/04/28)

お世話になります。

はい、人としての気持ちは忘れないようにします。

ありがとうございました。

現場へは、いやがられても行きます。じーっと見ます。気持ちと一緒に。

まじめな家づくりセミナー