ブックマーク:

雨水について

雨水について
名前:びーへるさん(2016年5月1日)
お隣の家からの雨水に困っております。長文になりますが、アドバイスをお願いします。

■現在の状況

我が家(現在施工中)とお隣の家とは高低差が約1.5m程度あり、我が家が低い位置にあります。

元々その土地を契約した時点ではお隣の境界は石積みだったのですが、石積みの崩落を懸念してか、コンクリート壁へ直されました。

すると、お隣の工事が終わって以降、雨が降る度にコンクリート壁の下から水が湧き出るようになってしまいました。日当たりがいいにもかかわらず、その状態が発見されてからここ1ヶ月はずっと水が溢れている状態(定期的に雨は降っています)で、現在はコンクリート壁から道を作って水を流している状況です。

■お隣のコンクリート壁の状態

お隣が施工する際に事前に施工業者を交え説明があり、その際に「水抜き穴を設けると雨が降る度にそちら(我が家)へ噴水のように水が出るのでやめといたほうがいいですか?」と言われたので、「それほどの量が出るのであればやめてください」と言ったのは事実としてあります。そのため、お隣のコンクリート壁には水抜き穴が一切ありません。

ですが、私としては壁の下からの水の溢れることに合意した覚えはありませんし、その懸念があるとの説明もありませんでした。

お隣の施工業者が噴水のように水が出ると認識しながら、水抜き穴無しとすることに合意とあれば、他の策にて隣の家へ水が溢れないようにするべきではないかと考えますが、間違っておりますでしょうか?

できるだけ揉め事なく済ませる対処方法あればアドバイスをお願いします。

お話の持ち掛け方が問題だと思います。
名前:ザ・ハウス(2016年5月5日)
びーへるさん、こんにちは。

民法では、「土地の所有者は、隣地から水が自然に流れて来るのを妨げてはならない」とされています。隣家の方が人為的に水を流し込んでいるのであれば別ですが、水は自然な状態でも高い方から低い方に流れますので、ある程度の流入は止むを得ない部分もあると思います。

また、1.5Mの高低差がある場所に塀(擁壁)を造るのであれば、一般的にはできれば水抜き穴を設けたい所だと思いますので、水抜き穴を設けなかったのは隣家(または施工業者)にも一定の配慮があったと考えてもよろしいのではないかと思います。

びーへるさんが隣地の方に何らかの改善をお求めになるのであれば、これは技術的なお話や具体的な方法論のお話ではなく、「どうしたら隣家の方が気持ちよく進んで対応してくれるか」という問題だと思いますので、びーへるさんの働き掛け方や伝え方、またお相手の気持ちの問題になるかと思います。

あくまでも「お隣さんとして末永く良好な関係を築いていくためのご相談」というスタンスを忘れずに、隣家の方にお話を持ち掛けることが大事なのではないかと思います。

まじめな家づくりセミナー