住宅設備機器の納期遅れが拡大!

大手住宅設備機器メーカーで発生しているトイレなど設備の納期遅れが、ガスふろ給湯器などにも拡大しています。

納期遅延の理由は、新型コロナウイルス感染拡大を背景としたベトナムのロックダウン措置により必要な部品の調達が困難になったためで、2020年にも同様に設備の納期遅れがありましたので、今後もこのような納期遅れが発生する可能性があります。

ハウスメーカーや工務店の一般的な計画期間は、計画の開始から入居まで約11ヶ月、建築家の一般的な計画期間は計画の開始から入居まで約12~14ヶ月と言われていますが、さらに余裕をもったスケジュールを検討いただくことをお勧めいたします。

現在、建築中の方は、工期遅延の理由を口頭ではなく必ずメールや書面で説明を受け、工期変更の覚書も交わしましょう。