工事途中で工務店を変更したい

ブックマーク:

この記事は、実際にザ・ハウスに寄せられたご相談を再構成したものです。

◆ケース

分離発注を行なっている設計者に依頼しました。

予算が限られているため、ローコスト住宅を計画していました。予算と要望を伝え、何社かの設計士に相談した結果、「分離発注なら、予算内で計画が可能」と言われた設計士に設計を依頼することになりました。

なかなか各専門業者との工事費の折り合いがつかなかったのですが、地下室の構造部分だけは業者が決まりました。他の専門業者はまだ決まっていなかったのですが、工期が限定されていたこともあって、業者と工事費の折り合いがついた地下室だけを先行して工事を始めることになりました。

しかし、いつまで経っても他の専門業者と工事費の折り合いがつかず、今は地下室の工事だけが終わった状態で工事がストップしてしまっています。

これ以上、分離発注で計画を進めても時間がかかるばかりなので、すでに工事が終わっている地下室の部分の上に、建物を一括して建ててくれる工務店を探そうと思っています。

こういうことは難しいでしょうか?

◆解説

専門業者が決まっていないのに、地下室だけ先行して工事を始めてしまったのは設計者の大きなミスです。

残念ながら、余程のことがない限り、一括で請けてくれる工務店を探すのは難しいと思います。他の工務店が建てた地下室の上に自社の建物を建てることは、保証の問題もあって工務店としては避けたいと考えるはずです。

また、お考えのご予算で引き受けてくれる工務店があるかどうかが大きな問題です。

分離発注のリスクは他のケース(→お金を預けた建築士が破産)でも解説しましたが、こうなってしまうともはや分離発注のメリットがなくなるばかりか、何とかこれ以上状況を悪化させないことに追われてしまいます。ましてや分離発注は、建て主自身が各専門業者への直接の発注者であり、工事の総責任者でもありますので、設計者だけに責任を追及することもできません。

このケースの場合、いくら時間がかかっても設計者と各専門業者の確定作業を進めるか、大幅に予算が増えることと引き換えに一括して引き受けてくれる工務店を粘り強く探す以外にありません。

※関連サイト「ザ・ハウス@工務店」を開きます

まじめな家づくりセミナー