屋根のメンテナンス

ブックマーク:

屋根まわりの作業は、足場が不安定になりがちで、転落事故につながるおそれがあり大変危険です。

少し離れた所から屋根全体を見たり、1階屋根は2階の窓から確認しましょう。

費用はかかりますが、専門業者に依頼するのが一番安全です。ただし、施主が確認しづらいところの修理は、費用を多めに請求するような悪質な業者もいますので、信頼できる業者に依頼してください。

◆瓦葺き

瓦は、軒先付近を重点的にクギで止められていますが、ズレが生じることがあります。地震や台風の後などには、瓦の割れ・ズレ・はがれなどを点検し、異常がないかをチェックしてください。

◆金属板葺き

金属板の寿命は通常で10~15年と言われていますので、様子を見て全面葺替えをする必要があります。

サビを放置しますと、その寿命を著しく短くしますので、サビが出る前に塗装を行うことが大切です。

3年に一度くらいの頻度で塗装をし直すのが目安ですが、お住まいが海岸から近い所や工場地帯にある場合には、もう少し早く塗り替えをする必要があります。

◆雨どい

雨どいは落ち葉などのゴミが詰まると、排水ができなくなったり、詰まった物の重みで落下したりします。そばに樹木がある場合などは、特に落ち葉には気をつけましょう。

プラスチック製のものは、直射日光による劣化で破損しやすいので、表面に痛みがないか定期的に点検をするようにしましょう。

また雨どいのつなぎ目部分がずれていたり、外れていないかも点検しましょう。

(干場)
まじめな家づくりセミナー