地盤保証

ブックマーク:

地盤保証とは、地盤のトラブルによって住宅に損害が発生した場合に、建物や地盤の修復費用などを保証する制度です。

「基礎や外壁に亀裂が見つかった」、「ドアの建て付けが悪くなりドアが閉まらない」、「窓の鍵がかからない」などのトラブルが起きた場合は、まず建築工事に問題があると思うのではないでしょうか。

しかし、手抜き工事もなく完成した建物であっても、このようなトラブルが起こる可能性があります。その原因の一つに「不同沈下」が考えられます。

「不同沈下」とは、地盤が建物の重さを支えることができずに、建物が不均等に沈下していく現象のことをいいます。

こうしたトラブルが起きた時のリスクに備えるのが「地盤保証」です。

地盤保証は、不同沈下などに伴う建物の不具合について原状回復工事を行い、その間に仮住まいが必要な場合にはその費用を保証するものです。

地盤保証の適用を受けるには、まず地盤保証機関に加入している建築会社を選ぶ必要があり、手続きは建築会社を通じて行われます。

一般的な流れとしては、建築会社の申請を受けて、着工前に地盤保証機関が地盤調査を行います。そして地盤保証機関の調査結果に基づき、その地盤の状況に適した基礎の仕様や地盤改良工事を提案、実施します。

さらに万一、地盤のトラブルによって施工された建物に被害が発生した場合は、地盤保証会社が「引渡しから10年間、限度額5000万円まで」等の内容で保証をします。ただし、保証内容や保険料などは保証機関によってそれぞれ異なるので注意が必要です。依頼を検討している建築会社がどのような地盤保証機関に登録をしているのか、保証内容や保険料について十分に説明を受けましょう。

<参考>

・地盤保証とは、地盤のトラブルによる損害を補償する制度。
・保証を受けるためには建築会社を通じて申込み、手続きを行う。
・保証内容は、保証会社によって違いがある。
(八谷)
まじめな家づくりセミナー