プラン作成/ハウスメーカー

ブックマーク:

プランの打合せは、営業担当者が行う場合と、営業担当者とは別の設計担当者が行うケースがあります。
有料の敷地調査を行ってからプランの提案に入るハウスメーカーもありますが、一般的には無料でプランの提案が行われる場合がほとんどです。

参考→工務店で建てる場合
参考→設計事務所で建てる場合

まずは希望の条件を伝え、最初の提案を待ちましょう。最初のプランには、自分の希望が満たされている所とそうでない所があるはずです。希望が満たされていない所については、法規、予算、構造のいずれの問題があってそのプランになったのかを尋ねてみるといいでしょう。

ハウスメーカーの場合、各ハウスメーカーが採用している工法の特徴がプランの自由度に大きく影響しますので、全く同じ希望を伝えても「A社では大空間のリビングがとれるが、B社では柱が必要」ということが生じます。
そのため、この期間は単に間取りを決めるだけでなく、「各ハウスメーカーの工法の特徴を理解する期間」と認識することが重要です。

プランに要望が反映されていないもう1つの理由として、「担当者にうまく要望が伝わっていないかった」ということもあるかもしれません。ハウスメーカーの場合、営業担当者が中心となって計画を進めて行きますので、営業担当者の力量も重要な評価軸となります。

また、特別な要望があれば、仕様や設備についても要望を伝えておきます。ハウスメーカーによっては、標準仕様と異なるオプション工事を選択すると、極端に価格がアップする場合があるので注意が必要です。

プランの作成段階では、間取りの完成度だけに目を奪われがちですが、工法の特徴、標準仕様の内容、営業担当者の力量をバランス良く検討し、そのハウスメーカーとの相性を見極めることが重要です。

「自分の希望をバランス良くかなえてくれるのは、どのハウスメーカーか?」という視点を持って検討を進めることが重要です。

(矢野)

※関連サイト「ザ・ハウス@ハウスメーカー」を開きます

まじめな家づくりセミナー