プランの作成/工務店

ブックマーク:

工務店によって、最初のプラン提案を無料で行う工務店と、有料で行う工務店があります。

また、設計に力を入れている工務店の場合は、ある程度プランの方向性が固まった段階で設計契約を結び、その後、設計内容が十分に詰まった段階で工事請負契約を結ぶという流れを採用している所もあります。

プランの打合せを担当するのは、営業担当者の場合や設計担当者の場合など、各社によって様々です。

プランを依頼する際には、文章に要望をまとめたり、雑誌の切り抜きを手渡すなど、希望が上手く伝わるように努めましょう。同じ内容を伝えても、設計担当者によって、上手く意を汲んでくれる人とそうでない人がいるはずですので、その点も工務店を選定する際のポイントになるでしょう。

また、プランの作成を通じた担当者とのコミュニケーションの中では、各工務店の設計方針、最新設備や技術への対応力などもあわせて情報を入手したい所です。工務店の顧客に対するスタンスなども見えてきますので、この期間はプランを評価するだけではなく、最終的に工務店を選ぶ際の判断基準を集める期間でもあります。

しかしながら、工務店の場合、力量を測るポイントが複雑多岐に渡り、かつその設計方針についても様々な考え方があるため、ハウスメーカーを検討する時以上に「選定の評価軸をどこに置くか」が難しい所です。

一口に工務店と言っても、設計事務所並みに提案力のある工務店から、施主の要望をほぼそのまま図面化する工務店まで、設計力には大きな差があります。また、特定の工法を採用している工務店から、全くゼロベースで設計をする工務店まで幅広く存在するため、プランの出来不出来の理由がハウスメーカー程はっきりせず、プラン提案を通じて各社の特徴を見極めるのが難しい一面があります。

なお、工務店の中には、文書や図面に頼らず、口約束で打合せを進めてしまう会社もあるようですので、打合せた内容は必ず工務店と共有できる状態にしておきましょう。

(矢野)
まじめな家づくりセミナー