基本設計/設計事務所

ブックマーク:

敷地の現況確認や役所調査を行った後に、基本設計に入ります。

基本設計とは、施主の要望や敷地条件をもとに家の考え方や概要を決める作業で、設計事務所との家づくりにおいて最も大切なプロセスです。まず、施主が要望を伝え、それをもとに建築家がプランを作成し、またそれをもとに修正点を検討し・・・ということを施主が納得するまで繰り返します。

建築家との家づくりの場合、ファーストプランの評価には注意が必要です。

経験の少ない建築家の場合、施主の要望をプランに取り入れようという気持ちがどうしても強く働くため、ファーストプランは十分に満足できるものに仕上がっても、一方で予算に対する建築コストの妥当性は軽んじられがちです。

また、経験が豊富な建築家であっても、ファーストプランの段階で細かい施主の要望を完全に把握するのは至難の業です。あくまでもファーストプランは、その後のコミュニケーションによってお互いに認識を近づけていけるかを見定めるための、一指標として見ることが重要です。

プランを依頼する前には、まず家族で話し合い、お互いに希望を出し合ってみましょう。この時、家族間の考えに矛盾があってもあまり気にする必要はありません。また、建築家にとっては、一見、家づくりと関係のないような話であっても、プランを考える上では大きなヒントになります。

次に、要望に優先順位をつけましょう。そのことによって、施主の考え方がより伝わりやすくなり、テンポよく作業を進めることができます。後々、予算などの制約によって何かを削らなければならない場合も、初めに優先順位を整理しておけば、時間を無駄にすることなく計画を進められます。

要望を伝える際は、自分自身で細かい図面を書いてその通りに設計するように依頼したり、具体的な部屋の大きさや位置までを指定することはお勧めできません。

それぞれの家族のライフスタイルを家という形に組み上げることが建築家の能力の核心であり、それこそが多額の設計料を払っても、設計事務所に依頼する価値と言えます。建築家が自由な発想のもとにプロとして力を発揮できるよう、誰に頼んでも同じプランになってしまうような条件は設け過ぎないようにしましょう。

提示されたプランに修正して欲しい部分や付け足して欲しい部分があれば、遠慮なく伝えてください。内容によってはコストが増えるものもありますが、コストを予算に収める作業は後の見積り調整で行いますので、この時点ではあまり予算を気にせずに要望をしっかりと入れ込むことがいい家づくりのコツです。

(佐々木)

※関連サイト「ザ・ハウス@建築家」を開きます

まじめな家づくりセミナー