ブックマーク:

24時間換気(1)

換気システム
名前:でかでかさん(2001/11/7)
本当のところを教えてください。
35坪の木造の高気密住宅(パネル使用)を目指して設計しているのですが、予算の都合上ペアガラスをあきらめました。
そんな状態でも換気システムをつける必要がありますか?
マンションとかは、高気密住宅なのに、換気システムつけなくても、病気になったり、結露を問題視する人はいないですよね。
我が家の設計士の方は何が何でもつけた方が良いといっています。(カタログや住宅関係の本も導入すべきと書いています。)
防犯上のメリットは理解できるのですが、50万円程かけて、換気システムを導入する必要が本当にあるのでしょうか。予算がかなりオーバーしてしまったので、削れるものは削りたいと思ってます。
換気システムを導入している家に住んだことがないので、いまいち実感できません。
本当に本にかいてあるようなことが実感できるのでしょうか。
絶対に必要です。
名前:上田 勝さん(2001/11/9)
>予算の都合上ペアガラスをあきらめました。
>そんな状態でも換気システムをつける必要がありますか?

普通のアルミサッシでも十分な気密性がある上に、断熱パネル工法では更に気密性が高まります。これがどういうことかと言うと、屋内にたまった湿気の逃げ場がなくなり、窓は言うに及ばず、押入れや壁の中などに結露する結果となります。それがカビや構造材の腐りの原因となりますから、その住宅の寿命は20年ももたないかもしれません。隙間風のある昔の日本家屋とはわけが違うんです。

更に開放型の石油ストーブなどを使うと、酸素不足で不完全燃焼に陥り、一酸化炭素中毒の危険性が高まります。高気密高断熱住宅でなくても、シャッター付きの車庫内で車のエンジンをつけっぱなしにしていたために一酸化炭素中毒で一家全員が死亡した例なども聞いたことがおありかと思います。アルミサッシとビニールクロスでも十分高気密になっているわけです。

ペアガラスを諦めても、住宅の構造が高気密である以上、換気設備は外せません。例えば壁に直接給気用の穴を開け、シロッコタイプの排気ファンを天井裏に1台つけるだけでも全然違います。要は各部屋に常に必要最低限の新鮮な空気が循環されている状況を作ればいいわけです。

50万円のシステムというのはおそらく熱交換機能のあるものかと思いますが、熱交換でなくていいと言うことならもっと安くできます。業者の方と相談してみてください。

決心がつきました。
名前:でかでかさん(2001/11/9)
お返事ありがとうございました。
ファンが故障したらどうなるのか、電気代とか、夏場はどうなのか、とか心配な点がいくつかあります。
が、24時間換気システムを採用することにしました。
家ができたら報告したいと思います。
まじめな家づくりセミナー