ブックマーク:

これは北側斜線規制ですか?

北側斜線の件
名前:上原南美雄さん(2015年4月22日)
お世話になります。教えて下さい。 1、土地40坪を購入計画があります。その土地の南側に築32年マンション4階があり、そのマンションの駐車場が計画土地との間7mぐらいにあります。現在はその土地にはぎりぎり日光当たります。 もしこの建物立て直し時、駐車場側に4階が立つと、土地は全く日陰になります。ここは、1種住居地域ですが、そこでお聞きしたいのですが、北川斜線規制は、冬の太陽の角度を対象ですか、境界線上5m起点ですか、またもし3階建てなら、規制はかわりますか? 宜しくお願いします。
隣地斜線の規制を受けるのではないかと思われます。
名前:ザ・ハウス(2015年4月23日)
上原さん、こんにちは。

詳しいご状況は分かりかねますが、もし、用途地域が間違いなく第一種住居地域(第一種低層住居専用地域ではありません)だとすれば、隣地に対する斜線制限は「北側斜線制限」ではなく、「隣地斜線制限」の規制を受けることになると思われます。

隣地斜線制限は、北側斜線制限よりも建物の高さの制限が緩いため、現在、北側斜線制限を想定している上原さんにとっては、より厳しい条件になるのではないかと想像されます。

なお、第一種住居地域の場合、隣地斜線制限の隣地境界線からの起点は垂直に20Mの高さをとった所になり、その地点から1:1.25の角度で生じる斜線の範囲内に建物を収める必要があります。

詳しくは、「注文住宅のキホン/隣地斜線制限_制限の及ぶ範囲_1)住居系地域の場合」をご覧ください。

さらに第一種住居地域では、軒の高さが10Mを超える建物には日影規制がかかります。

日影規制については、「注文住宅のキホン/日影規制」をご覧ください。

もし厳密なご検討をご希望であれば、建築士に依頼をし、ご検討の敷地に隣家の日影が及ぼす影響をシミュレーションしていただくことをお勧めします。

まじめな家づくりセミナー