ブックマーク:

どれぐらいの面積が必要か

どのくらいの大きさの家が必要でしょうか?
名前:まーさん(2006/5/24)
こんばんわ!今日は家を作る際の基本的な事を教えて頂きたくて投稿いたしました(^^)宜しくお願い致します!現在はまだ夫婦二人ですが将来の事を考えて四人家族で住める家を建てたいと思っています。希望としては、それぞれの収納つきの寝室計3個と和室・LDK・バス・トイレを二ヶ所・どこかのスペースの中にチョッとした書斎・家事室といった感じでイメージしています。最低限このくらいは設けたいと思っています。広すぎずしかしほんの少しのゆとりもほしいなと思っている今日この頃です・・・しかしこのような間取りでどのくらいの延べ面積が必要なのでしょうか??実際、廊下やセンターコート・玄関ホールなども延べ面積の中に入ってくるのですか?恥ずかしながら・・・延べ面積に含まれるものがどのような内訳になっているのかも分かりません。どなたか教えてくださる方いましたら宜しくお願い致します! それと家を建てたら、固定資産税や家屋是などが発生してくると思うのですがこれらは延床面積に対してお支払いするものなのですか?いくつも質問してしまい恐縮ですが宜しくお願い致します!!
ご参考まで
名前:ザ・ハウス(2006/5/27)
まーさん、こんにちは。
今は、設計の打合せ段階なのでしょうか?
どの位の広さが必要で、それがどこまで延べ床面積に含まれるのかというのは、打合せをする上で気になるところだと思います。

まず、延べ床面積とはなにか?という話からはじめましょう。
土地を買う際の判断の基準として容積率という言葉があります。これは用途地域によって違ってくる敷地面積に対しての建物の延べ床面積の割合を示すもので、それを算出するために延べ床面積を出します。
延べ床面積とは各階の床面積の合計で、外壁または柱の中心線で囲まれた部分の面積です。
延べ床面積に含まれないものとしては、駐車場や地下室などがありますが、駐車場を設ける場合は駐車場の面積が全床面積の合計の1/5未満、地下室部分については全床面積の合計の1/3未満であれば床面積には含みません。
その他、吹き抜け部分は床がないので床面積には含みません。また建ぺい率対象面積ではバルコニーから1mまでの部分は算入されませんが、延べ床面積の場合はバルコニーの先端から2mまでの部分も含まれません。
実際に工事をしているのに延べ床面積に含まない部分というのがある訳ですから、法的な延べ床面積の数値と工事をする施工床面積とは違います。

次に建物の固定資産税についてですが、これは延べ床面積だけではなく、固定資産税の評価額を算出するための訪問調査(家屋調査)をおこなった後に確定されます。訪問調査は建物の構造や内部を見て、間取りや内装資材の確認、屋根・外壁・電気・給排水設備などを調査し、総務省の定めている固定資産評価基準に従って算出されます。

最後に、まーさんのご家族に必要な床面積ということですが、人それぞれの考え方により違いが出てくるように思います。
例えば子供部屋の考え方を一つとっても、勉強と寝るだけの狭いスペースとして個室を充実させず部屋にこもってしまう状況をつくらないようにする方もおられれば、充実させた個室を与えたいと考えるご家族もありますので、必要だと思う広さが違ってきます。
また、必要な広さの感覚が同じでも、荷物が非常に多いご家族には収納のスペースを非常に多く取らなければ物が収まらず、その収納スペースをつくる部分で床面積に差がでてきます。

まーさんのご家族が暮らし方についてどんな考え方をされるのか、また荷物が多い少ないなども含め、部屋の広さ以外にどの程度のスペースが必要なのかをもう一度整理して考えられると良いかもしれません。

頑張って下さい。

ありがとうございました(^^)
名前:まーさん(2006/5/27)
こんばんわ!とても参考になりました(^^)
土地は決まっているのですが、現在依頼先を選定している最中で・・・ラフプランを出して頂く際にどのくらいのお家でお考えですか?と聞かれたときに実際自分たちの希望プランを組み込むとどの程度の広さが必要なのかよく分からず・・・どこかのサイトで目明日としては一人8坪ぐらいが目安と記載してあったため・・・私たちは40坪くらいは最低必要なのかな・・?と思っていたため一般的にどのくらいなのか知りたくて投稿してみた次第です!!
もう一度一から整理しなおしてみます。
まだまだ家造りには無知な私たちですので・・また分からない事があったときには投稿させて頂ければ幸いです!本当にありがとうございました。
まじめな家づくりセミナー