ブックマーク:

これはハウスメーカーの不備?

注文住宅でのハウスメーカー対応の不備
名前:TMさん(2016年3月12日)
北海道で注文住宅にて新築しました。

事細かな打合せで設備等決めたのは良いのですが、フル暖房エアコンだけ機種選択の確認や価格の提示、説明もありませんでした。

営業担当者が話のついでに『Panasonic製品が付きますよ』程度だけ言ってました。

見積書にもエアコンの記載がありません。

ハウスメーカーのカタログでは暖房設備にフル暖房エアコンが付く事は掲示してあります。

引渡し後の冬期間エアコンを使って頻繁に停止するので異常ではないかPanasonicのお客様センターに問い合わせてみたところ、付いてる機種がXシリーズで寒冷地向けではない畳数に対して容量能力の低い商品である事がわかりました。

Panasonic曰く、フル暖房エアコンと言うのは寒冷地向けの商品でUXシリーズの事だそうです。

この件でハウスメーカーに問い合わせてみたところ、エアコンメーカーでの負荷計算により取付けられた製品で容量など間に合ってるので問題ないとの事でした。

付いてるのがフル暖房エアコンではないタイプだと指摘しても、計算上大丈夫と一点張りです。

この機種では北海道の冬を過ごすのに不備で快適に過ごせません。

それ以前にこちらが同意・承諾してない製品をハウスメーカーが勝手に機種を選んで取付ける事は契約上違反ではないでしょうか??

施主のこちらとしては、寒冷地向けの畳数に見合った商品に交換して貰える事で納得できます。

ハウスメーカーの対応には納得できないのでどうか知恵をお貸し下さい。

よろしくお願い申し上げます。

論点を明確にした上で折衝を
名前:ザ・ハウス(2016年3月12日)
TMさん、こんにちは。

ハウスメーカーとTMさんとの論点が噛み合っていないように思いますので、今一度、TMさんの論点を明確にした上で、折衝をされるとよろしいのではないかと思います。

ハウスメーカーは「使用上の支障があるか、ないか」を論点にしているようですが、TMさんは「そもそも施主の了承を得ていない製品が付いている」ことに論点を置いていらっしゃるように思います。まずはTMさんの論点をお伝えいただくこと、そしてその論点から外れないように折衝をされることが必要ではないかと思います。

それでも論点が噛み合わず、折衝にならないようであれば、第三者の介入が必要になるかと思いますので、公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター等にご相談されることをお勧めします。

参考/公益財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター

https://www.chord.or.jp/trouble/index.html

まじめな家づくりセミナー