ブックマーク:

いつの金利が適用されるのか

住宅ローンの金利について
名前:デンさん(2006/3/12)
ひとつお尋ねいたします。
量的緩和が解除されて、秋ごろに住宅ローンの金利が上がるかもしれないというニュースを見ました。
これから借りるのでしたら固定金利型がいいと思うのですが、家を建てる場合、どの時点での金利が適用されるのでしょうか?
ローンの契約時でしょうか、それとも実際に融資がされるときでしょうか。
家を建てる場合、支払いに合わせて何度かに渡って融資がされると思いますので、そのあたりがわかりません。
銀行に聞こうかと思いましたが、銀行によっても違いがあるかもしれないので、こちらに伺いました。
金利の適用時期について
名前:ザ・ハウス(2006/03/12)
デンさん、こんにちは。

住宅ローンの金利は、民間の銀行ローンやフラット35では実際に借入れをする「融資実行日」の金利が適用され、住宅金融公庫や財形融資では「申込日」の金利が適用されます。

「融資実行日」の金利が適用される金融機関では、申込時やローンの契約時の金利とは異なるため、当初計画した毎月の返済額が増える可能性もありますので、余裕を持った資金計画をたてることが大切です。

建築費の支払いに合わせて融資を受ける場合も、住宅金融公庫や財形融資は「申込日」の金利が適用され、民間の金融機関では「融資実行日」の金利が適用されます。

ただし、民間の金融機関では「融資実行日」を1回目の融資時とするか、建物が完成した後の最終融資時とするかは各金融機関や融資内容により異なりますので、住宅ローンの申込みの際にご確認されることをお勧めいたします。

なお、少数ではありますが、一部の金融機関では「融資実行日」ではなく、「ローンの契約時」の金利を適用する銀行もありますので、借入先をご検討の際には念のために金融機関にご確認ください。

ありがとうございました
名前:デンさん(2006/3/12)
やっぱりこちらに伺ってよかったです。
金融機関によってまちまちなんですね。
候補にしている銀行に問い合わせて、そのことも銀行選びの要素として考えて見ます。
ありがとうございました。
まじめな家づくりセミナー