ブックマーク:

ご夫婦で建築家の事務所に依頼する場合

ご夫婦で建築家
Lianさん(2010/03/03)

お世話になります。
現在、建築家を探しておりますが、なかなかです。
建築家にいきなりお聞きするのもどうかと思い、
こちらで質問させていただきました。

ご夫婦で建築家をされている事務所に依頼する場合、二人の建築家のご意見を頂けることになるかと思い心強く思うのですが(能力にもよるでしょうが)、施主として、一人の建築家に依頼する場合との相違点をお教えくださいませんでしょうか。

宜しくお願い致します。

ご参考までに。
ザ・ハウス(2010/03/05)

Lianさん こんにちは。

建築家選びでのポイントは、
ザ・ハウスは作風のテイスト、建築家そのものとの相性と考えます。
ですので、もし、Lianさんが共に家づくりをしたい建築家の条件に
「ご夫婦であること」があるか、無いかがポイントだと思います。

ご夫婦で建築家をされている事務所の場合、
否応なしに、男性建築家・女性建築家がいるわけですから、
奥さま視点として、「女性建築家がいてくれた方が話しやすい」と
思われる場合、ご夫婦で建築家をされている事務所はその条件を満たしてくれるでしょう。

例えば、男性1人でやられている建築家も、
過去の実績から、生活動線や家事動線は熟知している場合が多いので、
さほどの懸念材料にはならないかと思います。

ご夫婦で建築家 = 建築家二人を相手にお話をする
ということになります。
当然ブレーンも二人分です。
それをメリットとも言えますが、
一人で建築をされている建築家は、
窓口も、ブレーンも一つですので、
単純明快でスムーズという考え方もできます。

Lianさんがお好きなテイストの家づくりをしている建築家。
そしてコミュニケーションが取りやすいと感じられる建築家。
そこを注視していただければいいのだと思います。

一点、ご注意頂きたいのは、
ご夫婦で建築事務所を構えていても、
事務所によっては、夫婦別で担当案件を分けている場合もございます。
事前に各事務所にご確認いただくことをお勧めいたします。

まじめな家づくりセミナー