ブックマーク:

大工さんへの気遣い・お礼(1)

大工さんへの気遣い
名前:wombatさん(2004/8/13)
教えてください。

 いよいよ着工を控えてます。大工さんに対しては差し入れをするのが常識かと思いますが、みなさんどの程度されていますか。

 ちなみに自宅から現場は徒歩3分。ただ、子供が二人いて小さいのであまり時間はないのですが、できるだけ現場に通いたいと思います。

 具体的にどの程度の頻度で、どんな差し入れをするのが良いでしょうか。みなさん、いががでしょうか。

私たちの場合
名前:yukiakiさん(2004/9/4)
こんにちは。
私も現在新築中の現場から徒歩1分以内のところで仮住まいをしています。

私もどうしようか当初悩みましたが、自宅の改築といった場合とは異なりますし、実際のところ日々の雑事もあって、大工さんの休憩時間(10時と3時)に、必ずしも在宅しているわけではないことから、できる日にはなるべくしようと思って、目安は週5日のうちの2?3日で、3時にお出ししています。

また、週1回建築家の方と現場監督が定例ミーティングを現場で行うので、その際もできるだけ立ち会うようにして、コミュニケーションを図るようにしています。

真夏の真っ最中は冷凍庫で冷やしたおしぼりを添えて麦茶におせんべい、またはすいか、グレープフルーツ等水気のある果物などを、先日のちょっと冷え込んだ際は熱々の番茶を水筒に入れ、お持ちしてみました。

大工さんたちも毎日大量の麦茶を持参し、おやつも近所のお店でおせんべいやクッキーを買ってきていらっしゃるご様子ですね。

常識というよりは、大工さんたちに快く作業して頂くため、ささやかながら施主としての気持ち、と私たち夫婦は思って、顔を出しています。

最初は少々緊張しましたが、3ヶ月たった今では、だいぶ打ち解けて、子供たちも慣れてきました。
現場は機材もあり、小さな子供には少々危ないので長居はできませんが、それでも少しづつ出来上がっていく様子は子供ながらに楽しいようです。

少しでもご参考になったでしょうか?

アドバイスありがとうございます
名前:wombatさん(2004/10/1)
yukiakiさん、ご丁寧にアドバイスをありがとうございます。とても参考になるご意見です。
大事な家を作ってもらう大工さんには気持ちよく、お仕事してもらいたいですものね。
無理の無い程度に私も通いたいと思います。
本当にどうもありがとうございました。
yukiakiさんご夫婦も思いが通じて素敵なご自宅が
完成することをお祈りしてます。
まじめな家づくりセミナー