住宅金融支援機構、新制度「フラット35 リノベ」で金利引き下げ

ブックマーク:

住宅金融支援機構は、中古住宅を購入して性能向上リフォームを行う場合に「フラット35」の借入金利を一定期間引き下げる「フラット35 リノベ」を導入し、2016年(平成28年)10月1日の申込受付分から取り扱いを開始します。

中古住宅購入時に、省エネ、耐震、バリアフリー、耐久性のいずれかの基準を満たした性能向上リフォームを行った場合に、フラット35の金利から当初10年間の金利が年0.6%差し引かれます。

中古住宅を購入して性能向上リフォームを行う場合だけでなく、住宅事業者によって性能向上リフォームが行われた中古住宅を購入する場合も利用が可能です。

また、「フラット35 リノベ」の利用にあたっては、「フラット35」および「フラット35 リノベ」の技術基準に適合することを証明するために、適合証明検査機関による物件検査を受け、適合証明書の交付を受けることが必要です。

なお、本制度には予算金額があるため、予算金額に達する見込みになり次第、受付が終了となります。受付の終了は、約3週間前までにフラット35のウェブサイトで通知されます。

(矢野)
まじめな家づくりセミナー