ブックマーク:

採光がとれない。屋根からの落下が怖い。

  • 名前:困り果ててる智子
  • 日時:2017年10月19日
  • Reply

我が家の東側に家が建ち始めた。その家の概要は外壁の高さが9メートルの2階建てです。外壁から我が家の境界まで50cm有ります。西側の屋根の庇が35センチで、屋根の傾斜が北から南に傾いています。切妻造りでありません。我が家の台所と茶の間が接近することになり、東側の採光がとれず暗くなりました。さらに、屋根からの落下物や雨などのしぶきにさらされます。どう解決すればよいかご相談いたします。

早めにご相談を持ち掛けてはいかがでしょうか

  • 日時:2017年10月19日
  • 名前:ザ・ハウス
  • Reply

「困り果ててる智子」さん、こんにちは。

日照権は大変難しい問題です。原則として、法令を遵守した建築物であれば、敷地にどのような計画をするかは隣家の建て主の判断によります。しかしながら、法令を遵守した建物であっても、被害者が受ける不利益が社会生活上一般的に受け入れられる限度を超えている場合には、損害賠償請求や建築の差し止め請求が認められることがあります。

また、もし雪や雨が隣地に流れ込んで来るようであれば、現実に損害が生じてしまうので、隣家の方に改善をお求めになられた方がよろしいのではないかと思います。

隣家の方とは、少なからず持ちつ持たれつの関係にならざるを得ませんので、これから長くお付き合いされることもご考慮の上で、できるだけ早めにご相談を持ち掛けることをお勧めします。