ブックマーク:

契約解除の成立について

  • 名前:渡り鳥
  • 日時:2017年1月31日
  • Reply

第●条(契約の解除)
次の各号にあたる場合、甲はこの契約を解除することができる。
この場合、甲はそれまでの業務報酬の精算を行う。
1甲のやむを得ない事情により、計画を遂行できなくなった時。
2第○条による中断若くは中止が明らかになった時。
3乙がこの契約に違反し信頼関係を破壊するに至った時
※甲=受託者=設計事務所、乙=委託者=施主

上記契約条項の第3号の規定に基づき、契約解除通知を内容証明、配達証明により相手方設計事務所に送付し、すでに設計事務所に到達しています。

契約解除の成立はいつになるのでしょうか。
解除通知が到達したときなのか、設計事務所が何かアクションを起こさないと成立しないのか、そのあたりを教えてください。

契約解除について

  • 日時:2017年1月31日
  • 名前:ザ・ハウス
  • Reply

渡り鳥さん、こんにちは。

これまでの経緯や全体像をすべて存じ上げているわけではありませんので、あくまでも部分的な情報の範囲内でのお答えに留まりますが、一般的には、契約解除の意思が相手方に到達した時とお考えになってよろしいかと思います。